号泣に俳優チョン・ウソンさんもだまされた…「梨泰院惨事の遺族を詐称」親子の厚かましい演技

号泣に俳優チョン・ウソンさんもだまされた…「梨泰院惨事の遺族を詐称」親子の厚かましい演技=韓国
https://news.yahoo.co.jp/articles/f6aac3bc1f5fb90822731a47c0d85d23fc4d35cc

『韓国梨泰院(イテウォン)惨事の犠牲者遺族を詐称して食事の接待などを受けた親子が俳優チョン・ウソンさんの前でも演技をしながら号泣する様子が公開された。

【写真】座り込んで号泣する「梨泰院惨事遺族詐称」親子の肩を抱く俳優チョン・ウソンさん

15日、ソウル龍山(ヨンサン)警察署はソウル龍山区の地下鉄三角地(サムガクチ)駅で梨泰院惨事犠牲者遺族を詐称していた50代女性Aとその10代の息子B君を詐欺疑惑で立件した。

警察によると、この親子は梨泰院駅惨事追慕空間で「息子が惨事で死亡した」とし、遺族を詐称して衣類や現金、食事接待などを受けた容疑がもたれている。

当時親子を痛ましく思って食事を提供したCさんはAの息子の名前が死亡者名簿にないことを不審に思い警察に通報した。

通報を受けて出動した警察は彼らを任意同行して取り調べた。警察関係者は「容疑をほぼ認めた」とし「空腹で金がなくてそうしたと供述した」と明らかにした。

親子は10日、梨泰院駅追慕空間に難民機構代表とともに訪問した俳優チョン・ウソンさんの前でも遺族の演技をした。

当時の現場を映したYouTubeの映像には追慕後に現場から離れようとするチョン・ウソンさんに誰かが「ここの遺族ですが握手の1回でもしてください」と呼びかける様子が映っている。

その後、チョン・ウソンさんの前に歩み出たAさんが大声を出して泣き、座り込んだB君は嗚咽してチョン・ウソンさんの手を握った。これに対してチョン・ウソンさんは無言でB君を慰めた。

一方、警察関係者はこれら親子に対して「親子が取り調べの過程で容疑をほぼ認めた」とし「親子が利益を得た部分が大きくないため、まず帰宅措置を取った」と説明した。』