ヴァディム・ボイコ大佐は、ウラジオストックのマカロフ高等海軍学校〔海軍大学校?〕のオフィス内で射殺体となって発見された。

ヴァディム・ボイコ大佐は、ウラジオストックのマカロフ高等海軍学校〔海軍大学校?〕のオフィス内で射殺体となって発見された。
https://st2019.site/?p=20632

『Allison Quinn 記者による2022-11-16記事「Russian Colonel Who Helped Putin’s Mobilization Mysteriously Shot Dead」。

   ヴァディム・ボイコ大佐は、プー之介の動員令に協力していたが、ウラジオストックのマカロフ高等海軍学校〔海軍大学校?〕のオフィス内で射殺体となって発見された。
 地元メディアは自殺だと報じている。こめかみに弾丸を撃ち込んだとするメディアあり。

 かたや「テレグラム」のチャンネルである「Baza」は、銃声が複数聞こえたと言っている。

 下士官が室内に飛び込むとボイコは胸に5発の弾丸を受けて死んでいたと。

 そして、遺書は無かった。室内には5発の空薬莢と、4梃のマカロフ拳銃があった、という。

 1ヵ月前には、プリモリスキー管区の動員を担任していた軍事政治委員が死体で発見されている。死因は心臓停止であった由。』