ウクライナ迎撃ミサイルが着弾と米大統領、NATOは緊急会合開催

ウクライナ迎撃ミサイルが着弾と米大統領、NATOは緊急会合開催
https://news.yahoo.co.jp/articles/5b6ff1977189683d24996ed98f29298ac3728e0e

 ※ どうも、「ウクライナ軍の迎撃ミサイルの可能性が高い…。不幸な事故だった…。」「そもそも、侵攻して、ウクライナの民間人を標的にミサイル攻撃している、ロシアに原因がある…。」という線で、幕引きされる気配だな…。

『[ベルリン/ブリュッセル 16日 ロイター] – 北大西洋条約機構(NATO)は16日、ポーランドのウクライナ国境近くに15日にミサイルが着弾し2人が死亡したことを受けて緊急会合を開く。NATO関係者によると、バイデン米大統領は、着弾したのはウクライナの迎撃ミサイルだったと主要7カ国(G7)と北大西洋条約機構(NATO)加盟国に伝えた。

【インタラクティブ】地下司令部の文書でたどるロシア軍敗走までの日々

ミサイル着弾を受けて主要国は16日に緊急会合を開催。終了後、バイデン大統領はロシアが発射したミサイルが原因でない可能性を示す初期情報があると発言。AP通信は、米当局者の話として、ロシアのミサイルを迎撃するためウクライナ軍が発射したミサイルの可能性があると伝えていた。

NATO緊急会合では、ポーランドがNATO条約4条に基づく協議を要請する可能性がある。ストルテンベルグ事務総長は中央欧州標準時12時30分ごろ会見を開く予定。

RIA通信によると、ロシア国防省は16日、ポーランドが公開した残骸の写真から、専門家がウクライナ空軍の対空ミサイルだと特定したと表明した。』