北朝鮮、日本通過ミサイルで記念切手 論評では対日威嚇

北朝鮮、日本通過ミサイルで記念切手 論評では対日威嚇
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM1632X0W2A111C2000000/

 ※ 「明白に」、威嚇してきたようだな…。

 ※ 韓国の次期大統領選挙(2027年)まで、ユン・ソンニョル政権の親日米路線は、変わることは無いと見定めたんだろう…。

 ※ 2027年に、また「逆転」するまでは、こういう「揺さぶり」が続いていくことになる…。

 ※ そして、そういう「揺さぶり」が、再び左派が政権を奪取することの、「側面支援」となる…。

 ※ むろん、日本政界及びマスコミに対しても、親北朝鮮勢力への「側面支援」となる…。

『【ソウル=甲原潤之介】北朝鮮が日本列島を通過した中距離弾道ミサイルの発射を記念する切手を発行することが16日、わかった。北朝鮮の朝鮮切手社がホームページ上でデザインを公開した。日米韓に対抗する核戦力が備わっていると市民向けに宣伝する狙いがありそうだ。

切手シートには金正恩(キム・ジョンウン)総書記が訓練を指揮する様子やミサイル発射の瞬間を撮影した写真が並ぶ。「国家核戦闘武力の現実性と効果、実戦能力を誇示」とのタイトルが入っている。

説明書きで日本上空を通過した10月4日の弾道ミサイル発射について紹介した。「日本列島を横切り4500キロメートルの太平洋上の目標水域を打撃した」と記されている。

北朝鮮の朝鮮中央通信は11月16日の論評で、日本が米韓の軍事演習に加担していると非難した。9月の日本海上での米韓演習に自衛隊が加わったと批判した。

さらに11月の米韓空軍の大規模訓練で「列島の一部を出撃基地として提供」したと触れた。米軍岩国基地(山口県)所属の最新鋭戦闘機「F35B」が訓練に参加したことを指すとみられる。日本の朝鮮学校の生徒らに対する暴行や暴言などが12件起きたとも指摘した。

日本上空を通過した弾道ミサイルは「敵に送る警告」だったと主張し「この警告が実際の結果につながるかどうかは日本をはじめとする敵対勢力の態度次第だ」と威嚇した。』