ロシア軍事会社、「裏切り」で戦闘員処刑か 捕虜交換後

ロシア軍事会社、「裏切り」で戦闘員処刑か 捕虜交換後
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB132QJ0T11C22A1000000/

 ※ 一(イチ)「民間企業」が、そういうことやっても、許されるのか…。

『ロシアのプーチン大統領に近い民間軍事会社「ワグネル」が、ウクライナで捕虜になった後にロシアに帰還した戦闘員を処刑した疑いが浮上した。独立系メディアが13日伝えた。戦闘員は捕虜として拘束された際、ウクライナ人記者に「(ロシアと)戦うため投降した」と話したといい、ワグネルから「裏切り者」と見なされた可能性がある。

戦闘員は50代の元受刑者。「処刑」に関する動画がワグネル系の通信アプリに12日に掲載されており、投降を防ぐ「見せしめ」効果を狙ったもようだ。

ウクライナ人記者によるインタビューが公開されたのは9月4日。今月11日に捕虜交換が行われ、ワグネル戦闘員が帰還したと指摘されていた。ただ、ゼレンスキー政権は、ロシア兵に投降を呼び掛ける際、身の安全は保証し、意に反してロシアに戻すことはないと約束している。

ワグネル創設者で「プーチンのシェフ」の異名を取る実業家エブゲニー・プリゴジン氏は13日、動画について「素晴らしい演出だ」と表明。「彼はウクライナで幸せを見つけられなかった後、善良ではないが公正な人々に出会った」と述べ、ワグネルの処刑であることを示唆した。プリゴジン氏はかねて脱走時の射殺を警告している。(時事)

【関連記事】

・さらなる領土解放へ決意 ヘルソン奪還で大統領
・手段選ばぬ情報戦 機密文書に見るプーチン体制の源流
・崩れゆく「ドイツが引っ張るEU」 響くリーダー不在 』