米商務省、ロシア「市場経済国」から除外

米商務省、ロシア「市場経済国」から除外
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN110FN0R11C22A1000000/

『【ワシントン=飛田臨太郎】米商務省は10日、ロシアを「市場経済国」の地位から外すと発表した。ウクライナ侵攻以降、ロシア政府による市場や経済活動への干渉が悪化したと判断した。アンチダンピング(不当廉売)に関連する法律の措置で、商務省は米企業に損害を与える行為に対抗措置をとりやすくなる。

市場経済国の判断は政府の企業活動への関与の度合いや外国投資の環境などに基づく。商務省は「ロシア政府による経済への広範囲な関わりがゆがんだ価格とコストにつながった。ロシア企業が輸入品を公平に価格設定しているか分からなくなった」と分析した。』