イラン大統領「関係レベル上げる」 プーチン氏側近に

イラン大統領「関係レベル上げる」 プーチン氏側近に
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR09EJ90Z01C22A1000000/

『【ドバイ=福冨隼太郎】イランのライシ大統領は9日、ロシアのプーチン大統領側近のパトルシェフ安全保障会議書記とテヘランで会談した。イランメディアによると、ライシ師は会談で「イランとロシアは様々な分野で戦略的関係のレベルを上げる」と述べた。

ライシ師は「米国やその同盟国の制裁に対する最も決定的な対応は、独立した国同士の協力だ」とも指摘した。パトルシェフ氏は同日、イラン最高安全保障委員会のシャムハニ事務局長とも会談した。

米戦争研究所は8日、パトルシェフ氏が訪問でイランの弾道ミサイルのロシアへの売却を協議している可能性があるとの分析を公表した。ウクライナや欧米は、ロシアがイラン製のドローンをウクライナへの攻撃に使っているとみている。プーチン氏側近のイラン訪問によって、両国が軍事協力を加速させるとの懸念が高まっている。

イラン政府は5日、ロシアに無人機(ドローン)を供与したことを認めている。一方でミサイル供与については「完全に間違っている」(アブドラヒアン外相)と否定した。』