NHK紅白内定第1号にK‐POPガールズグループ「IVE」の唐突感…

NHK紅白内定第1号にK‐POPガールズグループ「IVE」の唐突感…“国策アイドル”が決め手に
https://news.yahoo.co.jp/articles/ef51e542ec95a457cae97c10965717d909f8bc3a

『12月31日に放送する「第73回NHK紅白歌合戦」に、K-POPガールズグループのIVE(アイヴ)の初出場が内定したと8日報じられた。先月11日には司会に俳優の大泉洋(49)と橋本環奈(23)、桑子真帆アナ(35)、スペシャルナビゲーターに嵐・桜井翔(40)が決定したと報じられたが、出場アーティストとしては第1号である。

「LE SSERAFIM」で再デビュー 宮脇咲良の「顔が変わった」理由は?

 IVEは日本人メンバーのレイ(18)を含む日韓混成K-POPガールズグループ。元IZ*ONE(アイズワン)のユジン(19)、ウォニョン(18)の2人に、ガウル(20)、リズ(17)、イソ(15)の6人組で、昨年12月に韓国でデビュー。3枚目のシングルがミリオンヒットした注目株だ。

 とはいえ日本のTV初登場が6月で、同時期に元HKT48とIZ*ONEの宮脇咲良(24)が所属するLE SSERAFIM(ルセラフィム)や、Kep1er(ケプラー)などK-POPグループが続々来日。現在もIVEの認知度がダントツとは言い難い状況である。

■宮脇咲良も驚いた“奇跡の10頭身”

 韓国エンタメ事情に詳しいタレントのローバー美々氏はこう言う。

「メンバーのウォニョンさんが韓国国策の次世代アーティストなので、グループが選出されたと思います。容姿、ダンス、ファンサービスとどれもハイレベル。IZ*ONE時代に双璧をなした宮脇咲良さんが彼女をして“神が生んだ子”というほどの逸材で、170センチ超えの高身長かつ奇跡の10頭身でパリコレにも出演と、欧米でも通用しています。すでに海外でのソロ活が圧倒的に多いのです」

 紅白の初出場は一斉発表だったが、コロナ禍になって情報は先出し方式に。それにしても、いきなりK-POPグループとは唐突である。

「韓国の国策にかける本気度でしょう。もし彼女たちが紅白に出演すれば、TWICEの時と同様にプライベートジェットで戻り、大晦日は日韓両方のテレビに生出演するはずです」(前出のローバー氏)

 今年の紅白初出場候補にはK-POPではLE SSERAFIM、Kep1er、ボーイズグループのINI、JO1、ジャニーズ事務所からはなにわ男子、Travis Japanもおり、アイドルが豊作。IVEがイチ抜けし、紅白の椅子取り競争はさらに厳しくなりそうだ。』