米国の中間投票: 民主党は予想される「赤い波」をどのように阻止したか

米国の中間投票: 民主党は予想される「赤い波」をどのように阻止したか
https://www.aljazeera.com/news/2022/11/9/us-midterm-vote-how-democrats-thwarted-an-anticipated-red-wave 

 ※ 今日は、こんなところで…。

 ※ 中絶問題もさることながら、「土壇場」で「健全・穏健な判断」が優った(まさった)ということだろう…。

 ※ 「選挙に不正があった!」との主張も、「言論の自由」のもとでは、許容されよう…。

 ※ しかし、そういう「重大な主張」をするからには、「相当に、確からしい根拠」が必要だろう…。

 ※ 主張する側が、そういう「証拠・根拠」を呈示できたとは、到底思われない…。

 ※ ましてや、「結果に不満」だからと言って、「議事堂を襲撃する」なんて暴挙が許されようはずも無い…。

 ※ 「トランプ氏は、過去に向いている…。我々が聞きたいのは、この先のこと、未来のことなんだ。」という言説が、印象的だった…。

 ※ トランプ氏の支援する候補者は、そういう「一味」と見られたんだろう…。

『(※ 翻訳は、Google翻訳。)

アナリストによると、妊娠中絶の権利と共和党の極右への傾倒が、民主党が全米の重要な選挙戦で持ちこたえるのに役立ったという。

グレッチェン・ホイットマー

ミシガン州のグレッチェン・ホイットマー知事は、激戦州でトランプ支持の挑戦者を比較的容易にかわした民主党の現職者の1人だった[レベッカ・クック/ロイター]

アリ ・ハーブ

2022 年 11 月 9 日公開2022年11月9日

ワシントンDC –星は共和党のために整列しているように見えました. 経済の不確実性、ホワイトハウスの反対派からの一見人気のない大統領、そして彼らの側の歴史的傾向により、彼らは米国の中間選挙で民主党のライバルにノックアウトパンチを届けることを望んでいました.

しかし、アメリカ人が水曜日の朝に目を覚ますと、待望の「赤い波」が進路を変え、上陸しなかったように見えました。

読み続けます
3 項目のリスト
リスト1/3
写真: 米国は 2022 年の中間選挙でどのように投票したか
リスト 2 の 3
ロシアと米国の関係悪化は中間選挙後も改善しない:クレムリン
リスト 3 の 3
これまでのところ、米国の中間選挙から得られる重要なポイント
リストの終わり

アナリストによると、中絶の権利を保護するための民主党の動きと、共和党の極右への動きは、ドナルド・トランプが支援する陰謀論者や選挙の否定論者を指名することで、民主党の運命を変えるのに役立った.

アクロン大学(オハイオ州)の政治学教授であるデビッド・コーエン氏は、6月に最高裁判所が下した合衆国憲法上の妊娠中絶の権利を終わらせた判決は、民主党員にとって「活気に満ちた瞬間」であると述べた。

コーエン氏はアルジャジーラに対し、「民主党を世論調査に参加させることは、最も重要な動機付けの問題の1つでした。「民主主義への脅威に対する多くのアメリカ人の懸念もあると思います。その問題は、予言者によって十分に検討されていませんでした。」

ジョー・バイデン大統領は、火曜日の選挙日の前に、選挙の完全性に疑問を呈する候補者は米国のシステムに危険をもたらすと警告し、「民主主義は文字通り投票にかかっている」と強調した。

まだ結果が出ており、共和党が下院、上院、またはその両方の支配権を握る可能性は十分にありますが、水曜日の早朝、民主党が予想を上回っていることが明らかになりました。
「確かに歴史的な基準からすると、これは民主党員にとって本当に信じられない夜です。中間選挙でこれほどうまくいったホワイトハウスや議会の過半数政党は他にない」と、ジョージ・ワシントン大学の政治学教授であるララ・ブラウンはテレビのインタビューでアルジャジーラに語った。

「たとえ民主党が下院で負けたとしても、彼らがそうしようとしているように見えても、(共和党の)ケビン・マッカーシー議長の過半数は非常に狭く、それは民主党の勝利になるだろう.」

歴史的な傾向に挑む

米国の中間選挙では、通常、ホワイトハウスを支配する政党が議会で大きな損失を被ります。

トランプ前大統領は 2018 年に下院で数十議席を失った。バラク・オバマは 2010 年に上下両院で大多数を失い、投票を「砲撃」と表現するようになりました。ジョージ・W・ブッシュとビル・クリントンも中間選挙で下院と上院の支配権を失った。

「通常の中間選挙では、31 議席の議席交代が見られます。これは、前の総選挙で大統領に投票した有権者が中間選挙に参加しない傾向がある大統領の最初の中間選挙でより顕著です。」ハワード大学の政治学助教授であるロビンソン・ウッドワード・バーンズは、次のように述べています。

しかし今年、バイデンの民主党の損失はせいぜい控えめであり、すべての票が数えられたときに民主党が利益を得る可能性があります.

同党は、ペンシルベニア州で最も注目される選挙戦の 1 つで上院議席を奪い、民主党のグレッチェン ホイットマー知事とトニー エバーズ知事がミシガン州とウィスコンシン州でそれぞれ再選されました。

民主党はまた、沿岸の本拠地での大きな混乱を回避しました。

コロラド州とニューハンプシャー州の上院選挙では競争力が期待されていたが、民主党の現職者が簡単に勝利する結果となった。そして下院では、激戦区の多くの民主党候補が生き残り、実際に党は共和党が保有するいくつかの選挙区をひっくり返すことができました。
ジョン・フェッターマン

民主党のジョン・フェッターマンは、中間選挙で最も重要なコンテストの1つと考えられているペンシルベニア州上院選挙で、共和党のメーメット・オズを破った [Gene J Puskar/AP Photo]

中絶は多くの民主党の選挙運動の焦点であり、リベラルな候補者は手術を受ける権利を守ることを約束し、共和党の反対派を政府が女性に自分の体をどうするかを指示することを望んでいる「過激派」として描いた.

米国最高裁判所の保守派の過半数(トランプ氏が指名した 3 人を含む)は、6 月に憲法上の権利を取り消し、女性の権利団体からの怒りを煽った。バイデンは、有権者への売り込みの一環として、中絶の権利を成文化する連邦法を可決すると約束した。

火曜日に、カリフォルニア州、ミシガン州、バーモント州は、中絶保護を法律に盛り込むための投票提案を可決しました。また、非常に保守的なケンタッキー州の有権者は、州憲法を修正して手続きを行う権利がないと宣言する法案を拒否しました。

国民投票の敗北は、中絶を禁止しているケンタッキー州の法律に直ちに影響を与えることはありませんが、共和党に投票する一部の保守派でさえ、生殖に関する権利に対する政府の制限を支持していないことが示されました.

選挙否定派

アナリストによると、共和党はまた、激戦州を含め、重要な選挙で極右候補を指名することで、自分たちに有利に働くことはありませんでした。2020年の大統領選挙の正当性に疑問を呈するトランプ支持の候補者は、地図上で行き詰まりました。

ペンシルバニア州では、バイデン氏が 2 年前に 1% 強の差で勝利し、極右の共和党知事候補であるダグ マストリアーノ氏が民主党のジョシュ シャピロ氏に 13% 以上の差で敗れました。

ミシガン州では、選挙否定論者のクリスティーナ・カラモが現職の国務長官ジョスリン・ベンソンに同様の差をつけており、水曜日の午後までに得票率は 87% でした。

有権者は火曜日、「アメリカ人はどちらの政党の過激派にも熱心ではない」というメッセージを送った、とブラウンは述べた。

コーエン氏は、「候補者の質」が、共和党の希望者が期待したほどうまくいかなかったいくつかの選挙を挙げて、マップ全体で共和党が勝利する可能性を損なったと述べた。

「共和党側で聞いた警戒すべきレトリックのいくつかは、アメリカの民主主義は確実なものではなく、アメリカの政治システムを積極的に弱体化させる多くの候補者が投票に参加しているというメッセージを本当に伝えていたと思います」とコーエンは言いました。 .

彼らが共和党の過激主義と呼んでいるものを警告するだけでなく、民主党員は自分たちの記録を宣伝しようとしました. バイデン氏は、不人気だと認識されているにもかかわらず、昨年署名した超党派のインフラ法案や、気候変動と戦うために数十億ドルの資金を解放した最近のインフレ削減法など、経済政策について話し合ってきました。

さらに、学生ローンの最大 20,000 ドルを免除するという大統領の決定は、民主党の予想を上回るパフォーマンスに大きな役割を果たしたと思われる若い有権者を動員するのに役立った可能性があります。

「若者の投票は圧倒的に民主党だ」とコーエンはアルジャジーラに語った。「そして、彼らは多くの選挙で民主党を優位に立たせるのに役立ったと思います。」
出典:アルジャジーラ

アルジャジーラ・メディア・ネットワークのロゴ
© 2022 アルジャジーラ メディア ネットワーク 』