中国金融市場、88億ドルを外国勢が10月に引き揚げ

中国金融市場、88億ドルを外国勢が10月に引き揚げ-IIF推計
https://news.yahoo.co.jp/articles/ffa7161b4520951efb3ce7ef20cf55059f2ee1b8

『(ブルームバーグ): 中国の金融市場から外国人投資家が10月に88億ドル(約1兆2800億円)を引き揚げた。国際金融協会(IIF)が推計した。

中国株式市場から76億ドル、債券市場から12億ドルがそれぞれ流出したもようだ。9月の流出額は外国からのポートフォリオ投資合計で21億ドルだった。

中国が堅持する新型コロナウイルスを徹底的に封じ込める「ゼロコロナ」政策や住宅市場危機に伴う景気への打撃に加え、地政学的不安でセンチメントが悪化し、海外投資家による中国本土の金融商品離れが鮮明となっている。

IIFのエコノミスト、ジョナサン・フォーチュン氏は発表資料で、「2022年に流出に転じたことは注目に値する。ゼロコロナ政策が中期的に中国の重しになりかねないとの懸念と地政学的不安を反映している」と指摘した。

IIFによると、中国を除く新興国市場では株式市場に93億ドル、債券市場に87億ドルが流入。ブルームバーグがまとめた最新の取引データによれば、インドや韓国、タイなどアジア新興国市場(中国を除く)での海外ファンドの株式買越額は先週25億ドル余りと、8月半ば以降で最も大きくなった。

原題:Foreigners Pulled $8.8 Billion From China’s Markets Last Month (抜粋)

(c)2022 Bloomberg L.P. 』