フランス マクロン大統領 “仏保有の核戦力は欧州全体に貢献”

フランス マクロン大統領 “仏保有の核戦力は欧州全体に貢献”
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221110/k10013886561000.html

 ※ 自国のことが「第一」なのは、どこの国家も同じだろう…。

 ※ たとえ、「核保有国」であってもだ…。

 ※ ただし、NPT体制とは、「核保有国」に一定の「特権」の付与を認める代わりに、「世界の平和秩序」への「貢献」をも求めるというものだったはずだ…。

 ※ そういう「核保有国」の「義務」を果たさないとなれば、世界各国は、てんでバラバラに「核保有」に走り、「核軍拡競争」へとなだれ込んでしまいかねない…。

 ※ そういう意味でも、今般の「ウクライナ事態」は、由々しき「一大事」なわけだ…。

『フランスのマクロン大統領は、フランスが保有する核戦力はヨーロッパ全体の安全保障に貢献するものだとして、核兵器の使用も辞さない姿勢を示すロシアに対する抑止力としての役割を果たしていく考えを強調しました。

ウクライナへの軍事侵攻をめぐってロシアが核兵器の使用も辞さない姿勢を示す中、フランスのマクロン大統領は10月、現地の公共放送のインタビューで「ウクライナとその周辺が核で攻撃されても、フランスが核で反撃する事態には該当しない」と述べたのに対し、NATO=北大西洋条約機構の一部の加盟国から、自国の安全保障しか考慮していないとする批判も出ていました。

マクロン大統領は9日、国防戦略についての演説の中で「フランスの核戦力は、存在するだけでも、フランスとヨーロッパの安全保障に貢献している」として、ロシアに対する抑止力としての役割を果たしていく考えを強調しました。

そのうえで「ちょっとした発言を大げさに捉えないよう注意してほしい」とも述べ、先の発言に対する批判を和らげるねらいがあるとみられます。』