中国の輸出入、10月はともに減少 2年5カ月ぶり

中国の輸出入、10月はともに減少 2年5カ月ぶり
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM0603C0W2A101C2000000/

『【北京=川手伊織】中国税関総署が7日発表した2022年10月の貿易統計(ドル建て)によると、輸出は前年同月比0.3%減の2983億ドル(約44兆円)だった。輸入は2132億ドルで0.7%減った。ともに減少するのは20年5月以来、2年5カ月ぶりだ。金利上昇で世界経済が減速し、中国の内需も新型コロナウイルス対応の移動制限で弱まっている。

輸出から輸入を差し引いた貿易黒字は851億ドルだった。減少率では輸出が輸入より小さかったため、前年同月より0.9%拡大した。9月まで2ケタの伸びが続いたが、大幅に鈍化した。

輸出を品目別にみるとパソコンなどが17%減で、3カ月連続で前年同月を下回った。労働集約的な玩具や衣類はいずれも2割近く減った。

国・地域別にみると、米国向けは13%減少し、3カ月連続のマイナスとなった。米国の利上げに伴う景気減速の影響が出ている。欧州連合(EU)向けも1割減った。一方、東南アジア諸国連合(ASEAN)向けは2割増えた。

輸入を品目別にみると、最大の品目である集積回路が1%減り、6カ月連続の減少となった。化粧品も前年同月を6%下回った。原油は4割超増えた。

10月のロシアとの貿易は輸出が35%、輸入が36%それぞれ増えた。このうち、輸出は4カ月連続で増加した。

【関連記事】[FT]中国政府、「ゼロコロナ」早期緩和の観測を否定

多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

白井さゆりのアバター
白井さゆり
慶應義塾大学総合政策学部 教授
コメントメニュー

ひとこと解説

中国の輸入総額は2021年に大きく伸びており、日本の輸出に大きく寄与してきましたたが、2022年入り後は低迷しています。日本の輸出の2割を中国向けが占めており、中国経済の低迷は製造業企業への影響は起きているとみられる。

中国の輸入は米国、他のアジアに対しても昨年に比べて低迷しています。

興味深い点は、ロシアからの輸入が、石油などエネルギーが中心と思われるが、大きく伸びていることです。

中国経済は不動産業者の債務問題も抱え、コロナ対応も幾分緩和しているようだがまだ厳しい対策を継続していることもあり、どのような経済政策をうっていくのか注視しています。
2022年11月7日 12:55 』