元米軍大佐、トマホーク購入は「日本の親中派没落の証」

元米軍大佐、トマホーク購入は「日本の親中派没落の証」…日米協力で中共の計算狂わすhttps://www.epochtimes.jp/2022/11/123197.html

『( 2022/11/03 更新: 2022/11/03)

日米間で巡航ミサイル「トマホーク」の購入交渉が行われていることについて、元米軍大佐は「日本上層部にいる親中派が没落した証」であると指摘した。トマホークを南西諸島に配備すれば中国共産党に対する抑止となり、その戦略的計算を狂わせることができると強調した。

元米海兵隊大佐のグラント・ニューシャム氏は、日本政府がトマホークの購入に向けた交渉を行っていることについて、「日本の自国防衛の意思の表れ」であると述べた。同氏は日本戦略研究フォーラムで上席研究員を務めている。

(※ 無料は、ここまで。)』