北朝鮮ミサイル相次ぎ発射 岸田首相「ICBMの可能性」

北朝鮮ミサイル相次ぎ発射 岸田首相「ICBMの可能性」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM030CT0T01C22A1000000/

『【ソウル=甲原潤之介】北朝鮮は3日、少なくとも3発の弾道ミサイルを発射した。日本政府は全国瞬時警報システム(Jアラート)を通じ、宮城、山形、新潟の3県に警報を出した。日本上空を通過したとみられると説明したものの、その後に防衛省が「通過していないと判明した」と公表した。

EEZへ落下は確認されず

岸田文雄首相は3日、首相官邸で記者団に「1発は大陸間弾道ミサイル(ICBM)の可能性がある」と語った。消防庁によると午前9時10分時点でミサイル発射による被害の報告はない。

韓国軍は北朝鮮が午前7時40分ごろに首都平壌の順安周辺から長距離弾道ミサイルを発射したと推定した。飛行距離は760キロメートル、高度は1920キロメートルだったと説明した。ICBMを発射し、失敗したとの見方が出ている。

午前8時39分ごろには平安南道から短距離弾道ミサイル2発を撃ったと分析した。

防衛省も北朝鮮が少なくとも3発の弾道ミサイルを東方向に向けて発射したと発表した。いずれも日本の排他的経済水域(EEZ)外に落下したとの見解を示した。

1発目は午前7時39分ごろに北朝鮮西岸付近から発射したとみる。ICBM級の可能性がある。最高高度は2000キロメートル程度で750キロメートルほど飛んだ。朝鮮半島東側の日本海に落下した。

2発目は8時39分ごろ、3発目は8時48分ごろ北朝鮮内陸部から発射したと判断した。いずれも最高高度は50キロメートル程度、飛距離は350キロメートルほどだった。朝鮮半島東岸付近に落ちた。

「日本列島通過」を一転訂正

政府はJアラートでミサイルが日本上空を通過して太平洋に向かったと発表していたものの、これを修正した。浜田靖一防衛相が「日本列島をこえずに日本海上空で消失したのを確認した」と発言した。

Jアラートは「午前7時48分ごろに太平洋へ通過したものとみられる」と配信した。宮城、山形、新潟3県について「建物の中、または地下に避難して下さい」と周知していた。

松野博一官房長官は3日の記者会見でJアラートについて「危険性を速やかに知らせるべく発令するものだ」と強調した。「発令された時点では日本列島上空を通過する軌道の可能性があった」と言及した。

政府は3日、北京の大使館ルートを通じて北朝鮮に厳重に抗議し、非難した。ミサイル発射を受けて首相官邸で国家安全保障会議(NSC)を開いた。首相や官房長官、防衛相らが参加し、対応を協議した。

首相はこれに先立ち関係省庁に被害の有無の確認、北朝鮮の動向の分析、米国や韓国などとの連携などの指示を出した。記者団に「連日の弾道ミサイル発射は暴挙であり、決して許されるものではない」と語った。

韓国の聯合ニュースによると韓国軍は中距離弾道ミサイル以上の射程のミサイルと推定している。ICBMの可能性も分析しているという。

北朝鮮は2日にも、短距離弾道ミサイルや地対空ミサイル(SAM)など20発以上を発射した。弾道ミサイルの1発は韓国側が主張する南北境界の北方限界線(NLL)の南側に着弾した。

【関連記事】

・北朝鮮ミサイル、飛距離最長4600キロ 日本上空通過(10月4日)
・Jアラート、通信監視システム改修へ 不具合続き予算増

Twitterで最新情報を発信 https://twitter.com/nikkeiseijibu/?n_cid=MCH998 

政治・外交 最新情報はこちら https://www.nikkei.com/politics/?n_cid=MCH999 

多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

木村幹のアバター
木村幹
神戸大学大学院国際協力研究科 教授
コメントメニュー

ひとこと解説

一般的な解釈では、今回の一連のミサイル実験は、行われている米韓合同軍事演習への警告の意味を含んでいる、と理解されています。従って、昨日の韓国近海へのミサイル発射を行ったのに続き、今日は合同軍事演習のもう一つの当事国であるアメリカへの警告のメッセージとして、ICBMを太平洋に向けて発射したものの失敗した、というのが現在の状況だと理解されます。言葉を換えて言えば、今回の日本海上空でのミサイル消失は、北朝鮮がアメリカにメッセージを伝える事を失敗した事を意味しており、これを補う為の何らかの追加的な措置が取られる可能性が高くなっています。従って暫くは、同様の事態が続くかもしれません。
2022年11月3日 14:19
詫摩佳代のアバター
詫摩佳代
東京都立大学 法学部教授
コメントメニュー

分析・考察

せっかくの休日の朝、日本中に緊張が走りました。Jアラートが出された地域では具体的にどうすれば良いのか困惑された方も多かったと思います。総理も仰ったように暴挙であり、許されるものではないという点は誰も異論がないと思いますが、昨今の国連安保理の対応からも明らかなように、この暴挙に対して国際的に有効な措置が期待できない現状はもどかしいです。厳しい環境を踏まえた上で、単独あるいは同盟国と連携しながら、的確に情報収集を行う能力や、万が一の時の対応能力を強化する必要があることは言うまでもありません。加えて、Jアラートを出された時に、国民が具体的にどう行動すべきなのかも適切に周知する必要があると思います。
2022年11月3日 14:29
峯岸博のアバター
峯岸博
日本経済新聞社 編集委員・論説委員
コメントメニュー

別の視点

今回に限ったことではありませんが、北朝鮮のミサイル発射後、日韓間で情報発信の早さや正確性に違いがみられるのが気になります。発射の数やその内訳、「ICBMの可能性」など、メディアなどを通じて国民に知らせるスピード感、質のいずれも韓国の方が高いと感じます。半円を描くミサイルの場合、一般的には前半は発射地点に近い韓国、後半は着弾地点に近い日本が情報を集めやすく、それを速やかにつなぎ合わせるのが大事です。こじれにこじれた自衛隊と韓国軍の相互不信をほぐすのは相当な政治力が要ります。その意味で昨日、自民党の麻生太郎副総裁がソウルで尹錫悦大統領と会談したのはこれから意味をもってくるとみています。
2022年11月3日 15:49

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料 https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM030CT0T01C22A1000000&n_cid=DSPRM1AR08 』