いま、パラオ島のRoman Tmetuchl国際空港には、2機の「A-10C」とその整備員が臨時駐屯している。

いま、パラオ島のRoman Tmetuchl国際空港には、2機の「A-10C」とその整備員が臨時駐屯している。
https://st2019.site/?p=20576

『Joseph Trevithick 記者による2022-11-3記事「A-10 Warthogs Are Operating From A Tent Village In Palau」。

   いま、パラオ島のRoman Tmetuchl国際空港には、2機の「A-10C」とその整備員が臨時駐屯している。兵舎は仮設の幕舎である。

 この2機はグァム島から分遣されている。

 原隊はそもそもジョージア州のムーディー基地。第23ウイングだ。今年の10-23に、アンダーセンにやってきた。

 10-30には飛行連隊の隊長のクック大佐が、グァムに配備完了したぜ、とフェイスブックに書き込んだ。

 A-10が12機。戦闘捜索救難用のHC-130Jが1機。ヨコタからはC-130Jも1機、来ている。』