ポーランド政府は、すでに完成しているベラルーシ国境の柵と同様の柵(カミソリワイヤー)を、カリニングラードとの境界線にも建設する。

ポーランド政府は、すでに完成しているベラルーシ国境の柵と同様の柵(カミソリワイヤー)を、カリニングラードとの境界線にも建設する。
https://st2019.site/?p=20569

『2022-10-25記事「Poland considering anti-migrant barrier on border with Russia」。
 プー之介はシリアから難民をカリニングラードに空輸して、そこからポーランドに流入させる作戦に出ようとしているので、ポーランド政府は、すでに完成しているベラルーシ国境の柵と同様の柵(カミソリワイヤー)を、カリニングラードとの境界線にも建設する。

 いやしくもロシア人を知っている者なら、わかっている。ウクライナ戦争は「序章」にすぎない。本編は、バルト海沿岸が決戦場となる。』

ポーランド、ロシア飛び地との国境沿いにフェンス設置へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/ea3cec2a879d7ddd2056da968811d26def8e2346

『【AFP=時事】ポーランドのマリウシュ・ブワシュチャク(Mariusz Blaszczak)国防相は2日、同国北東部と接するロシアの飛び地カリーニングラード(Kaliningrad)との国境沿いに、不法越境を防止するためのフェンスを設置すると発表した。

【図解】カリーニングラードの位置を示した地図

 ポーランドでは、ロシアがカリーニングラードを通じて不法移民の流入を画策しているのではないかとの懸念が生じていた。

 ブワシュチャク国防相は記者会見で、「カリーニングラードの空港は現在、中東や北アフリカからの航空機を受け入れている。ポーランド国境の安全性を高めるために行動を取ることを決断した」と述べた。さらに、210キロに及ぶ国境線に沿ったフェンスの設置を同日中に開始すると表明した。高さ2.5メートルの鋭利なワイヤフェンスで、電子機器も取り付ける。

 ポーランドでは昨年、ロシアの同盟国であるベラルーシ経由で主に中東から不法に侵入する移民や難民が相次いだ。このため同国はベラルーシとの国境沿いに鉄製の壁を建設した。

 西側は、地域を不安定化させる狙いでベラルーシ政府が意図的に動いているとみている

が、同国はその事実はないと否定している。【翻訳編集】 AFPBB News 』