ウクライナの首都圏にはすでに425箇所の「特別倉庫」が準備されている。これは核シェルターである。

ウクライナの首都圏にはすでに425箇所の「特別倉庫」が準備されている。これは核シェルターである。
https://st2019.site/?p=20569

『Kaitlin Lewis 記者による2022-11-1記事「Kyiv Has 425 ‘Special Shelters’ Ready in Case of Russian Nuclear Attack」。

  ウクライナの首都圏にはすでに425箇所の「特別倉庫」が準備されている。これは核シェルターである。

 それ以外に、放射能は防げないけれども防爆退避壕にはなるという地下施設が、数千箇所あるという。首都圏のみで。

 「特別倉庫」には電池式のラジオも常備されている。核攻撃が起きたら他の通信手段はおそらく途絶するので。

 また首都圏には、冬に暖房を提供できるシェルターが750箇所、準備された。そこには水と食糧も貯蔵されている。』