2-24以後、すくなくも50機の「TB2」がトルコからウクライナに売られた。

2-24以後、すくなくも50機の「TB2」がトルコからウクライナに売られた。
https://st2019.site/?p=20559

『Boyko Nikolov 記者による2022-10-31記事「Putin’s long arm: Gas hub kills Ukrainian dream of Bayraktar TB2s」。

 2-24以後、すくなくも50機の「TB2」がトルコからウクライナに売られた。

 バイカル社がウクライナ国内に建設する工場では、「TB2」の胴体部分、電装品、ソフトウェアが製造されるという話だった。
 バイカル社のCEOであるハルク・バイラクタルは9月9日にゼレンスキーとキーウで面談している。

 しかしこの話は止まったのではないか。

 かたやエルドアンは10月19日にカザフスタンでプーチンから、黒海経由で天然ガスを供給しようじゃないかと提案されたという。

 ※ロシアのガス輸出額が激下がりになっていて、開戦前のプーチンの当てはかんぜんに外れている。今のロシアは、ガスを外国に売りたくてたまらないポジション。

エルドアンはその足元を見ているだろう。カザフのパイプラインに対するロシアのイヤガラセを見ているトルコは、今からパイプライン経由でロシアからエネルギーを買おうとするほどの阿呆じゃあるまい。』