セバストポリを騒がせた特攻ボートは、ウクライナの国内製だ。

セバストポリを騒がせた特攻ボートは、ウクライナの国内製だ。
https://st2019.site/?p=20559

『Sean Spoonts 記者による2022-10-31記事「Ukraine Attacks Russian Black Sea Fleet Again at Sea and in Sevastopol」。

 セバストポリを騒がせた特攻ボートは、ウクライナの国内製だ。
 全長は15フィートくらいか。

 ガソリンエンジンでウォータージェットを駆動させる。まずジェットスキーの転用だろう。燃料タンクの容積を大きくすれば、航続距離は数百浬になる。

 操縦のためには衛星による無線中継が必要。そのアンテナらしきものが写真からわかる。

 船首にはレーザーレンジファインダーがついている。
 衝突信管は念のため2個つけてあるようだ。

 おそらく衝突しなくても自爆させてしまう無線コマンド回路もついているであろう。

 ビデオ映像で不思議なこと。ヘリのドアガンが当たらないのはわかる。しかし『マカロフ』に搭載されている、レーダー制御の30ミリ・ガトリング「AK-630」×2基は、なぜ作動していない?』