アジアインフラ投資銀行、ロシア案件保留を継続

アジアインフラ投資銀行、ロシア案件保留を継続
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM26A5K0W2A021C2000000/

『【北京=川手伊織】中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)の金立群総裁は26日の記者会見で、ロシア向けの案件を引き続き保留する方針を示した。同国がウクライナに侵攻した直後の3月初めに保留を発表していた。米欧日などの対ロ金融制裁の影響を避ける狙いがありそうだ。

金氏は判断の見直しについて「定期的に状況を確認しているが、今のところ我々の評価に影響を与える兆候はない」と語った。ロシア向け案件の保留は「105の加盟国・地域の利益を考慮し、AIIBを守るためだ」とも述べた。

AIIBは26日から、7回目となる年次総会をオンライン形式で開いた。当初はロシアが主催する予定だったが、北京市にある同行本部に変更した。ウクライナ侵攻をめぐる国際世論に配慮したとみられる。

AIIBは2016年1月に開業した。中国が最大の3割を出資し、増資など重要案件で拒否権を握る。ロシアは開業直前の15年12月に加わった。』