中国ラオス貨物鉄道、利用は計画の2割 債務返済に難題

中国ラオス貨物鉄道、利用は計画の2割 債務返済に難題
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGS29BT10Z20C22A9000000/

『【ビエンチャン=井上航介】東南アジアのラオスと中国を結ぶ鉄道の利用が伸び悩んでいる。広域経済圏構想「一帯一路」を象徴する鉄道として中国主導で建設されたが、貨物輸送量は計画の2割にとどまる。建設費などを中国からの借金で調達していて、低迷が続けば、代わりに重要インフラを押さえられる「債務のワナ」にはまる可能性もある。

中国ラオス鉄道は2021年12月に開業した。中国雲南省昆明を起点としてラオスを縦断し、首都ビエンチャンまで約1000キロメートルをつなぐ。旅客のほか、国際貨物輸送も行う。トラック輸送が主体だった東南アジア・中国間の物流が大幅に改善するとみられていた。
10月にはタイやマレーシアの鉄道網に接続したほか、シンガポールに延ばす計画もある。
中国やラオス国営メディアは鉄道の効果をしきりに強調している。開業半年で64万㌧超の貨物を運搬し、高速鉄道もラオス国内で41万人の乗客が利用したとされる。

【関連記事】

・タイ・ラオス境界に貨物網計画 「一帯一路」鉄道開通で
・中国ラオス物流に高速鉄道 独DHL、渋滞避け納期安定
・ラオスで「一帯一路」鉄道開通 総額6780億円は中国依存

ただ、実態は苦戦が続く。9月中旬にビエンチャン郊外にある物流施設「タナレンドライポート(TDP)」を訪れると、約60ヘクタールの施設で見られたコンテナはまばらだった。昆明・ビエンチャン間では1日平均2本が運行するのみで、8月にTDPを通過したコンテナ数は6000個と、計画の2割どまりだった。

ボーテン駅周辺に停車する中国ラオス鉄道の貨物列車=小林健撮影

中国が新型コロナウイルスの流入を抑える「ゼロコロナ政策」を堅持し、6月まで上海で都市封鎖が行われるなど、国際物流の需要が激減したことが低迷の主因とされる。ただ、貨物取り扱いの方法も不透明で、ブローカーが介在して輸送費をつり上げ、荷主が使いにくい状況も続く。

同鉄道はラオス鉄道公社と中国企業3社の合弁企業が建設し、総事業費約59億ドル(8700億円)のうち、6割の約35億ドルを中国輸出入銀行からの有利子負債でまかなった。

ラオス政府は債務の政府保証はなく、多額の債務は発生しないと主張する。だが、鉄道をてこに東南アジア、中国、欧州を結ぶ陸上輸送のハブを目指しているため、「鉄道会社を簡単にはつぶせず、偶発債務となる可能性がある」(日本貿易振興機構ビエンチャン事務所の山田健一郎氏)との見方が支配的だ。

「タナレンドライポート(TDP)」のタイからの引き込み線に車両の姿はなかった=小林健撮影

世界銀行などによると、21年末時点でラオスの公的債務は国内総生産(GDP)比で88%に高まった。対外債務は推定104億ドルで、対中国がほぼ半分を占める。

ラオス経済は新型コロナで大きな打撃を受けた。足元のインフレ進行や通貨下落に加え、国運を懸けた鉄道の利用低迷で、対外債務返済に窮する可能性は一層高まっている。レアメタルの鉱山から得られた収入を鉄道事業の担保とするなど、重要施設を手放さざるを得なくなる懸念も急浮上している。

「支払いは人民元で」 国境の経済特区、ラオス・ボーテン 中国企業が浸透

後発発展途上国(LDC)のラオスでは、中国とつながる鉄道の開通を機に経済開発が進むことが期待されている。中国との国境に位置する最前線のボーテンでは「一帯一路」構想の下、首都ビエンチャンでもほとんど見ない100メートルを超える高層ビル群が現れた。
「支払いは中国人民元でお願いします」。ボーテンの飲食店で従業員からこう求められた。店主のライポンさん(37)によると、町では人民元が流通し、水道・光熱費もラオス通貨のキップでなく、人民元で請求されるという。実際、町の至るところで中国語表記の看板や中国語を話す人の姿が見られた。

ボーテンでは中国人民元が流通する=小林健撮影

トラック運転手の男性チュアさん(24)は「自分は中国に生かされている」と話す。中国の荷主から人民元で月20万円ほどの給与を受け取っていて、「ゼロコロナ政策」が終われば、仕事はさらに増えるとみる。自国に産業が乏しいなか、生活は中国抜きでは成り立たない。

ボーテンは中国による開発で一度失敗した経験がある。2000年代には中国本土で禁止されているカジノ産業が栄えたが、中国の禁止要請を受けてカジノが経営破綻。町は長い間、ゴーストタウンの様相を呈していた。

マンションやホテルなど高層ビルが並ぶボーテン経済特区(9月)=小林健撮影

だが、16年に、習近平(シー・ジンピン)指導部の「一帯一路」構想で、中国ラオス鉄道の建設が始まると、国境の町でもにわかに開発ブームが再来した。経済特区には200社以上の中国企業が進出する予定で、人口も回復が見込まれるという。

「カジノがなくても町の潜在力は大きい」。ボーテン経済特区長のシーポーンさんは自信を見せる。貿易や金融、医療などを軸とした1640㌶の大規模開発を構想する。一方、中国への過度な依存ではないかとの指摘に対しては「投資家の関心次第だから、どうしようもないんだよ」とため息交じりに話した。

(ラオス北部ボーテンで、井上航介)

ニューズレター https://regist.nikkei.com/ds/setup/briefing.do?n_cid=DSREA_newslettertop