ロータックス 912

ロータックス 912
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9_912

 ※ 今日は、こんなところで…。

『ロータックス 912(英語:Rotax 912)は、減速機付きの水平対向4気筒自然吸気4ストロークの航空機用エンジンである。水冷シリンダーヘッドと空冷シリンダーを搭載している。当初はキャブレターを搭載していたが、後には燃料噴射式となった。小型機やホームビルト機の市場を席巻しているロータックスは、2014年に5万台目の912シリーズエンジンを生産した[1]。当初はライトスポーツ機(英語版)、超軽量動力機、オートジャイロ、無人航空機用にのみ使用されていた912シリーズエンジンは、1995年に認定航空機用として承認された[2]。 』

『設計と開発

ロータックス 912は、超軽量動力機、モーターグライダー用に未認証状態で1989年に初めて販売された[3]。オリジナルの80馬力(60 kW)912 ULエンジンは、容量1,211 cc(73.9 立方インチ)、圧縮比は9.1:1。

このエンジンは、前世代の航空機用エンジン(ライカミング O-235(英語版)など)とは異なり、空冷シリンダーに水冷ヘッド[4]を搭載し、2.43:1のPSRU減速ギアボックスを使用して、エンジンの比較的高い5,800rpmの軸速度をプロペラ用により従来型の2,400rpmに減速している。このギアボックスは、一般的にトラブルフリーが証明されている[3]。912A、F、ULの標準減速比は2.27:1で、オプションで2.43:1である。潤滑はドライサンプ式で、燃料供給はデュアルCVキャブレターまたは完全冗長型の電子式燃料噴射を使用する。電子式燃料噴射型のロータックス 912iSは最近の開発である。

912の潤滑システムが多くのドライサンプ設計と異なるのは、オイルが別の排油ポンプではなくクランクケースの圧力によって貯蔵タンクに押し込まれる点である。このため、飛行前の点検には斬新な手順が必要となります。ディップスティックでオイルレベルを確認する前に、給油口キャップを外してプロペラを回転させ、ゴボゴボという音が聞こえるまでエンジンに吐き出させる。これは、すべてのオイルがタンク内に押し込まれ、オイルレベルが正確にチェックできるようになったことを示している[3]。

912は、コンチネンタル O-200(英語版)などの同等で旧型エンジンよりも燃費が良く、軽量であるが、元々はオーバーホール時間限界(英語版)(TBO)が短かった。導入時のTBOはわずか600時間で、これは以前のロータックスエンジンの2倍だったが、同等のサイズとパワーを持つ既存のエンジンよりもはるかに短かった。TBOが短く、工場製の型式証明を受けた航空機として使用するための認証を受けていなかったため、当初は世界市場の可能性が制限されていた。しかし、このエンジンは1995年にアメリカ連邦航空局(FAA)の認証を取得し、1999年にはTBOが1,200時間に増加した[3]。2009年12月14日にはTBOが1,200時間から1,500時間、シリアルナンバーにより1,500時間から2,000時間まで引き上げられた[5]。低燃費化に加えて、自動車用燃料(モーガス)での運転の認定を受けているため、特に有鉛航空機用ガソリン(英語版)が入手困難な地域でのランニングコストを低減することができる[4]。912は有鉛燃料の使用も可能だが、燃料タンクや減速ギアボックスに有鉛スラッジが溜まりやすいため、推奨できない。また、航空機用ガソリンは推奨の合成油とは相性が悪く、鉛をサスペンションに保持できないため、有鉛燃料を使用する場合は追加のメンテナンスが必要となる。

115馬力(86 kW)のターボチャージャーを搭載したロータックス 914(英語版)が導入された。1999年には912S/ULSが導入された[3]。1,352cm3(82.5立方インチ)に拡大され、圧縮比10.8:1、100馬力(75 kW)を発揮した。912Sは、ヨーロッパで人気の高いダイアモンド DA20(英語版)に採用されているAとFと同様に認証を受けている。912の人気は、欧米でライトスポーツ機のカテゴリーが導入されたことで広がり、エンジンの小型・軽量を十分に引き出すよう設計された工場製航空機が数多く登場することになった。100馬力(75 kW)版は、ゼニス STOL CH 701(英語版)やテクナム P2002(英語版)など、多くのライトスポーツ機に採用されている。80馬力(60 kW)版は、ピピストレル サイナス(英語版)やアーバン エア(英語版) ランバダなどの新世代の効率的なモーターグライダーに十分な出力を供給する。また、テクナム P2006T(英語版)などの一部の双発機にも搭載されている。

2012年3月8日、同社は、燃料噴射装置と電子エンジン管理装置を搭載した100馬力(75kW)版の912 iSを発表した[6]。この派生型の重量は63kg(139ポンド)で、標準の912Sよりも6kg(13ポンド)増加している。未認証の912 iSはライトスポーツ機やホームビルド機市場を狙っており、912 iScは認証を取得。生産は2012年3月に開始され、エンジンのオーバーホールまでの推奨時間は2000時間である[7]。

2014年4月1日、パワーとトルクを向上させ、燃費を改善した新型912 iS スポーツのアップグレードを発表した[8]。2015年7月には、さらなる派生型である135馬力(101kW)のロータックス 915 iS(英語版)が発表された[9]。
パイロットへのロータックスの警告

小型航空エンジンのメーカーとしては珍しく、ロータックスは、エンジン設計の認証版と未認証版の両方について、オーナーズ・マニュアルに詳細な警告を掲載している。パイロットは、912エンジンは、以下の航空機には適していないと警告されている。

安全な着陸ができない状況での使用
回転翼機での使用
夜間飛行(冗長電力が装備されていない場合)、または
曲技飛行

マニュアルには、ロータックスは、エンジンがあらゆる航空機に使用できるという保証はなく、エンジンがいつでも停止または失速して、不時着の可能性があることが記載されている。このような警告に従わないと、重傷や死亡につながる可能性があるとマニュアルは付け加えている[10]。
派生型

エンジンには、以下の派生型がある。

912 A#
JAR22で認証。80馬力(60kW)、デュアルキャブレターと電子点火装置付き
912 F#
FAR33で認証。80馬力(60kW)、デュアルキャブレターと電子点火装置付き
912 iS
未認証。100馬力 (75kW) の直噴燃料噴射と電子エンジン管理装置付き[7]
912 iSc
認証取得済み。100馬力(75kW)、直接燃料噴射と電子エンジン管理装置付き
912 iS Sport
未認証。アルミ製エアボックス、長めのインテークランナー、出力設定97%以下で動作させるとエコモードになる[11][12]。
912 S#
FAR33で認証。912A/F/ULより大口径で100馬力(75kW)、デュアルキャブレターと電子点火装置付き
912 UL#
未認証。80馬力(60kW)、912A/Fに似ている。
912 ULS#
非認証。100馬力(75kW)、912Sに似ている。
912 ULSFR#
未認証のフランス当局仕様。100馬力(75kW)

指定の#は以下の略である。

固定ピッチププロペラ用フランジ付きシャフト、P.C.D. 100 mm
固定ピッチプロペラ用フランジ付きシャフト、P.C.D. 75 mm、P.C.D. 80 mmおよびP.C.D. 4インチ
定速プロペラ用フランジ付きシャフト P.C.D.75 mm、P.C.D. 80mm、P.C.D. 4インチ、定速プロペラ用油圧調速機用駆動部
固定ピッチプロペラ用フランジ付きシャフト P.C.D. 75 mm、P.C.D. 80 mm、P.C.D. 4インチ。定速プロペラ用のアダプター、駆動部、調整機を取り付けることが可能。

搭載機
*3I Sky Arrow

3Xtrim 3X55 Trener
A2 CZ Ellipse Spirit
Acrolite
Advanced Aeromarine Buccaneer II
Aero Adventure Aventura II & XLR
AeroAndina MXP-150 Kimbaya
AeroAndina MXP-158 Embera
Aero & Tech Nexth
Aero AT-3
Aero Bravo Bravo 700
Aero Bravo Sky Ranger
Aerocomp VM-1 Esqual
Aero Designs Pulsar
Aeroflying Sensation
Aero-Kros MP-02 Czajka
Aeromobil 3.0
Aeroprakt A-20
Aeroprakt A-22
Aeroprakt A-28 Victor
Aeroprakt A-36 Vulcan
Aeros-2
Aeros Cross Country
Aerosette MH-46 Eclipse
Aerostar R40S Festival
Aeros UL-2000 Flamingo
Aeropilot Legend 540
Aerospool WT9 Dynamic
Aero Synergie J300 Joker
Aero Synergie Jodel D20
Airbet Girabet
Airborne Edge
Airborne XT
Air Command Tandem
Air Copter A3C
Air Creation Clipper
Air Creation Skypper
Air Creation Tanarg
Airflow Twinbee
AirLony Skylane
Airmak J4
AirMax SeaMax
Airo 1
Airtrike Eagle 5
Albaviation D24 MagicOne
Alisport Yuma
Alpi Pioneer 200
Alpi Pioneer 300
Alpi Pioneer 300 Kite
Alpi Pioneer 400
AMD Zodiac
AAC Seastar Sealoon
Anglin J6 Karatoo
Antares MA-34
Antonov T-2M Maverick
Apollo Delta Jet
Apollo Fox
Apollo Jet Star
Apollo Monsoon
Apollo Racer GT
Aquila A 210
ARV Griffin
ARV Super2 (aftermarket installation)
ATEC 122 Zephyr 2000
ATEC 212 Solo
ATEC 321 Faeta
Australian Aircraft Kits Hornet STOL
Australian Lightwing GR 912
Australian Lightwing SP-2000 Speed
AutoGyro MT-03
AutoGyro Calidus
AutoGyro Cavalon
Avama Stylus
Aveko VL-3 Sprint
Aviadesign A-16 Sport Falcon
Aviakit Vega
Aviasouz Cruise
Aviastroitel AC-5MP
Aviate Raptor
AVIC Lucky Bird
Avid Flyer
Aviomania Genesis Duo G2SA
Aviomania Genesis Solo G1SA
AV Leichtflugzeuge Vagabund
BAaer Guri
Bauer BAD-12 Gyrotrainer
BDC Aero Puma
Best Off Nynja
Best Off Sky Ranger
Bilsam Sky Cruiser
ASAP Chinook Plus 2
B&F Fk9
B&F Fk12
B&F Fk14 Polaris
バイラクタル TB2 - 2020年に輸出規制された
Bayraktar Tactical UAS
Blackshape Prime
Blue Yonder Merlin
Blue Yonder Harvard
Blue Yonder King Cobra
Blue Yonder EZ Flyer
Blue Yonder Twin Engine EZ Flyer
BOT SC07 Speed Cruiser
BRM Aero Bristell
BRM Argos
BRM Land Africa
Bushcaddy R-80
Bushcaddy R-120
Buzzman L'il Buzzard
Caldas 2G7 Vento
Capella XLS
Carlson Sparrow
CBB O2
Celier Kiss
Celier Xenon 2
Celier Xenon 4
Celier XeWing
CFM Air Dardo
CFM Shadow
Chernov Che-25
Coavio DF 2000
Colomban MC-100 Ban-Bi
Colyaer Freedom S100
Colyaer Gannet S100
Colyaer Martin3 S100
Cosmos Phase III
Criquet Storch
CSA PS-38 Tourer
CZAW Parrot
CZAW SportCruiser
Dallach Sunwheel
Dallair Aeronautica FR-100 Snap!
DAR 21 Vector II
Denney Kitfox
Diamond DA20-A1 Katana
Diamond HK36 Super Dimona
Didier Pti'tAvion
Direct Fly Alto
Direct Fly ArGO
Distar UFM-13 Lambada
Dorna Parandeh Abi
Dorna Free Bird
Dova DV-1 Skylark
Drachen Studio Kecur Royal 912
DTA Combo
DTA Evolution
DTA Feeling
DTA J-RO
Dyn'Aéro MCR01
Dyn'Aéro MCR4S
Dyn'Aéro Twin-R
Dynali H2S
Dynali H3 EasyFlyer
Eagle EA-100
EDM Aerotec CoAX 2D/2R
Egvoyager Voyager 203
Ekolot JK-05L Junior
Ekolot KR-030 Topaz
ELA 07
ELA 10 Eclipse
ELA 09 Junior
Elitar-202
Elitar Sigma
Etudes Andre Morin M85
Euro-ALA Jet Fox
Eurodisplay SR-01 Magic
Euro Fly Flash Light
Euro Fly FB5 Star Light
Europa XS
Evektor SportStar
Evolution Revo
Exkluziv Joker
Falconar AMF-14H Maranda
Fantasy Air Allegro
FD-Composites ArrowCopter
Fisher Dakota Hawk
Flaeming Air FA 04 Peregrine
Flight Design CTSW
Flight Design MC
Flight Team Twister
Flying Legend Hawker Hurricane Replica
Flying Machines FM250 Vampire
Flying Machines FM301
Flyitalia MD3 Rider
Fly Synthesis Storch
Fly Synthesis Syncro
Fly Synthesis Texan
FMP Qualt 201
Freewind Bumble B
Foxcon Terrier 200
G1 Aviation G1
General Aviation Design Bureau T-32 Maverick
Gidroplan Che-22 Korvet
Glasair GlaStar
Gobosh 700S
Gobosh 800XP
Golden Avio F30
Golden Circle Air T-Bird
HB-Flugtechnik Amigo
HB-Flugtechnik Cubby
HB-Flugtechnik Dandy
HB Flugtechnik HB-207 Alfa
Houde Bimax
Humbert La Moto Du Ciel
General Atomics MQ-1 Predator
IAE VUT Marabou
IAR-46
Ibis GS-501 Urraco
Ibis GS-600 Arrow
Ibis GS-700 Magic
Ibis GS-710 Magic
Icarus F99 Rambo
Icon A5
ICP Amigo
ICP Savannah
ICP Vimana
Ikarus C42
Ikarus C52
InterPlane Skyboy
Ion Aircraft Ion
Jihlavan Skyleader
Jingmen A2C Ultra Seaplane
Junkers Profly Ultima
Just Escapade
Just Highlander
Just Superstol
Kappa 77 KP 2U-SOVA
Keitek Streamer
Kohl Mythos
Kolb Kolbra
Kolb Mark III Xtra
Kolb Slingshot
Kubicek M-2 Scout
Lamco Eurocub
Laron Wizard
LH-10 Ellipse
Liberty XL2
Light Wing AC4
Lilienthal Bekas
LISA Akoya
Lockwood Aircam
Lockwood Super Drifter
Magni M-14 Scout
Mainair Blade
Marawing 1-L Malamut
Medway Av8R
Medway EclipseR
Medway SLA100 Executive
Microleve Corsario
Millennium Master
Moyes Dragonfly
MSL Aero H80
M-Squared Breese
Murphy Renegade
New Avio C205
Nexaer LS1
Niki Kallithea
Norman Aviation J6 Karatoo
Norman Aviation Nordic II
Norman Aviation Nordic VI
Norman Aviation Nordic 8 Mini Explorer
North American Rotorwerks Pitbull II
North Wing Sport X2
Nova Coden
OneAircraft One
OSKBES MAI-208
Pagotto Brako
Pagotto Brakogyro
P&M Explorer
P&M PulsR
P&M GT450
Paradise P-1 LSA
PC-Flight Pretty Flight
Pegasus EDA 100 Flamingo
Pegasus Quantum
Pegasus Quik
Pelegrin Tarragon
Phantom II
Phoenix Air Phoenix
Piper Sport
Pipistrel Alpha Trainer
Pipistrel Sinus
Pipistrel Virus
Pro.Mecc Freccia Anemo
Pro.Mecc Sparviero
Progressive Aerodyne SeaRey
Quicksilver GT500
RagWing RW19 Stork
RagWing RW22 Tiger Moth
RagWing RW26 Special II
Rainbow Aerotrike
Rainbow Cheetah
Ramphos Trident
Rans S-6 Coyote II
Rans S-7 Courier
Rans S-10 Sakota
Rans S-11 Pursuit
Rans S-12 Airaile
Rans S-16 Shekari
Rans S-19 Venterra
Rans S-20 Raven
Remos GX
RMT Bateleur
Roland Me 109 Replica
Roland S-STOL
Roland Z-602
Roko Aero NG4
Rokospol Via
Rossi Shuttle Quik
Rutan SkiGull
SAB C-100 Vulcan
Shark.Aero Shark
Scheibe Falke
SkyCruiser Autogyro SkyCruiser
Skyline SL-122 Pchelka
Skyeton K-10 Swift
Skyleader GP One
SkyReach BushCat
Skyrider Stingray
Summit 2
Sunward Aurora
Sunward ST912
Sunward STB912
S-Wing Swing
Skyleader 200
Sea and Sky Cygnet
Slepcev Storch
SlipStream Genesis
Softeks V-24 Lastochka
Solo Wings Aquilla
Sport Copter Vortex
Stellar Astra
Storm 280
Storm 300
Storm 320E
Storm RG Fury
Swiss Excellence Risen
Synairgie Jet Ranger
Taiwan Dancer TD-3
Tecnam Astore
Tecnam P 92
Tecnam P 96
Tecnam P2002
Tecnam P2004
Tecnam P2006T
Tecnam P2008
Tecnam Snap
Terrafugia Transition
Texas Aircraft Colt
Titan T-51 Mustang
Titan Tornado
Titanium Explorer
TL Ultralight TL-3000 Sirius
TL-Ultralight Stream
TMM Avia T-10 Avia-Tor
Tomark Skyper
Tomark Viper
Triavio Italo
Trike Icaros Adventure S
Trixy G 4-2 R
Trixy Liberty
Trixy Princess
ULBI Wild Thing
Ultra-Leicht Flugtechnik Speedy Mouse
Ultravia Pelican
Urban Air Samba
US Light Aircraft Hornet
Van's Aircraft RV-12
Vervoost FV-3 Delphin
ViS Sprint
ViS ViS-3
Weller UW-9 Sprint
Whisper Aircraft Whisper
World Aircraft Spirit
World Aircraft Vision
WLT Sparrow
Zenith STOL CH 701
Zenith STOL CH 750

仕様(ロータックス 912 UL/A/F)
一般的特性

タイプ: 対向シリンダー付き4気筒4ストローク液冷/空冷エンジン、独立オイルタンク付ドライサンプ強制潤滑、油圧バルブタペットによる自動調整、デュアルCDキャブレター、機械式ダイヤフラムポンプ、電子デュアルイグニッション、電気始動機、統合減速ギア 1:2.273 または 1:2.43
ボア: 79.5 mm (3.13 in)
ストローク: 61 mm (2.40 in)
排気量: 1,211.2 cm3 (73.91 in3)
長さ: 561 mm (22.1 in)
幅: 576 mm (22.7 in)
乾燥重量: 60 kg (132.3 lb) 電気始動機、キャブレター、燃料ポンプ、エアフィルター、滑油系統を含む

構成部品

動弁装置: OHV、油圧リフター、プッシュロッド、ロッカーアーム
燃料タイプ: 無鉛:87オクタンAKI(カナダ/アメリカ)/90オクタンRON(ヨーロッパ)以上。有鉛燃料やAVGAS 100 LLも使用できるが、非推奨。
滑油系統: トロコイドポンプ、カムシャフト駆動のドライサンプ
冷却システム: 水冷シリンダヘッド、空冷シリンダ

性能

出力: 5,800 rpmの時、59.6 kW (79.9 hp)
比出力: 48.71 kW/L
圧縮比: 9:1
燃料消費: 15.0 L/h at 5,000 rpm (75% 出力)
燃料消費率: 285 g/(kW·h) at 5,500 rpm (最大連続出力)
パワーウェイトレシオ: 980 W/kg 』

ロータックス

ロータックス
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

『BRPロータックス有限合資会社(BRP-Rotax GmbH & Co. KG )はオーストリアのエンジンメーカーである。一般的には単にロータックスと呼ばれる。ボンバルディア・レクリエーショナルプロダクツ(BRP)の製品(スノーモービル、雪上車、パーソナルウォータクラフト、ATVなど)のエンジンを製造していることで知られており、また4ストローク、2ストロークを問わず様々なオートバイ、カート、軽飛行機用のエンジンを生産している。過去50年間に350以上のモデルのエンジンを、600万台以上生産している。
歴史

1920年、ドイツのドレスデンにロータックス・ヴェルク社 ( ROTAX-WERK AG ) として設立されたのが最初である[1]。1930年にフィヒテル&ザックス(現ZFザックス)に買収されて活動拠点をシュヴァインフルトに移したが、1943年にはオーストリアのヴェルスへ移り、最終的に1947年からはグンスキルヒェンを拠点としている[1]。

1959年、ロータックスはウィーンに本拠を構える自動車や鉄道車両のメーカー、ローナー・ヴェルケ(Lohner-Werke )と合併し、ローナー・ロータックスとなった[1]。1962年には最初のスノーモービル用エンジンを造っている。そして1970年、ローナー・ロータックスはボンバルディアに買収され、ボンバルディア・ロータックスとして当時は同じボンバルディアグループ傘下にあったBRPのATV、パーソナルウォータクラフト、スノーモービルへのエンジン供給を開始した。

かつては2ストロークエンジンだけを製造していたが、1982年を境に4ストロークエンジンの製造を始め、1989年にはタイプ912が航空機用エンジンとして型式認定を受けている。

2003年、ボンバルディアがレクリエーショナル車両部門の売却を決定し、BRPがボンバルディアグループから独立する。ロータックスはBRPの子会社としてBRPロータックスとなった[1]。

2008年にはビューエルのオートバイのためにヘリコンと呼ばれる1125ccの水冷4ストローク72度Vツインエンジンを製造した。
主な製品
スノーモービル用エンジン

ロータックスの主要製品であるスノーモービル用エンジンは2ストローク/4ストローク、単気筒から3気筒まで、排気量では270ccから1500ccまで、27馬力から150馬力までと、多種多様なラインナップが揃えられている。

タイプ1304
タイプ995SDI
タイプ797R E-TEC
タイプ797R
タイプ793HO
タイプ593HO E-TEC
タイプ593HO SDI
タイプ593HO
タイプ593RS
タイプ593SS
タイプ552
タイプ536
タイプ810
タイプ453
タイプ440
タイプ377
タイプ277
タイプ462

パーソナルウォータクラフト用エンジン

ロータックスがリリースした4ストロークエンジンは、パーソナルウォータクラフト用エンジンの世界的なトレンドを作り上げた。現在ではパーソナルウォータクラフト用として2ストロークと4ストローク、2気筒と3気筒、130馬力から300馬力までのモデルがある。

タイプ1503SC IC
タイプ1503SC
タイプ1503NA
タイプ1503DT
タイプ947DI

ATV用エンジン

ATV用エンジンとしては水冷4ストロークの単気筒モデルと2気筒モデルがある。排気量は400ccから800ccまであり、チェンジペダル付きのギヤボックスを持ったものとCVTのものがある。タイプ810は、スノーモービル用エンジンとしても使われている。

タイプ810
タイプ660
タイプ654DS
タイプ490
タイプ449
タイプ400

オートバイ用エンジン

タイプ1125R - ビューエル向けの通称ヘリコンエンジン。ショートストロークの高回転型Vツインエンジンで、最高出力は146馬力/10,500rpm。
タイプV990 - マグネシウム製のシリンダーヘッドとクラッチカバーを採用して軽量かつコンパクトにまとめられたスポーツバイク用エンジン。BRPのカンナム・スパイダー・ロードスター用の95馬力モデルと106馬力モデル、アプリリアのスポーツバイク用139馬力モデルがある。
タイプ904 - ハスクバーナのNUDA900/900R用並列2気筒エンジン、898cc、ボア84mm、ストローク81mm、圧縮比13.2:1、315°クランク、104馬力。ベースエンジンはBMW F800シリーズ用のタイプ804エンジン。
タイプ804 - BMWのF800シリーズ用85馬力仕様と、新型のF650GS用71馬力仕様がある。
タイプ654 - BMWのF650およびG650シリーズ等に搭載された単気筒エンジン。
タイプ122 - アプリリアのAF1やRS125に搭載された単気筒エンジン。タイプ123の後継モデル。RAVEと呼ばれる排気デバイスを装着した30馬力モデルとRAVEを外した15馬力モデルがある。
タイプ123 - 33馬力。

カート用エンジン

KART RM1
タイプFR125 MAX DD2
タイプFR125 MAX
タイプFR125 JUNIOR MAX
タイプFR125 MINI MAX
タイプFR125 MICRO MAX
タイプ256 - 250cc2気筒。
タイプ257 - 250cc単気筒。

産業用エンジン

タイプ185 - 消火ポンプ用エンジン。航空機用エンジンとしても使用されている。

航空機用エンジン

軽飛行機やウルトラライトプレーン用のエンジンを製造している。

4ストロークエンジン

タイプ914F/UL - RQ-1 プレデター 無人偵察機に使用されている。
タイプ912S/ULS
タイプ912A/F/UL

2ストロークエンジン

タイプ618UL
タイプ582UL
タイプ532UL
タイプ503UL
タイプ447UL
タイプ377
タイプ277 』

イラン製の「Mohajer-6」無人機のエンジンは、ロタックス製であった。

イラン製の「Mohajer-6」無人機のエンジンは、ロタックス製であった。
https://st2019.site/?p=20522

『Emma Helfrich 記者による2022-10-24記事「Rotax Engine Found In Iranian Mohajer-6 Drone Downed Over Ukraine」。
   今月の前半、ウクライナ軍が黒海で撃墜して回収した、イラン製の「Mohajer-6」無人機のエンジンは、ロタックス製であった。「912iS」という品番である。

 オーストリーのロタックス社は、どのようにしてイランがそのエンジンを入手したのか、調査中であると。ちなみに同社の支配株主はカナダの企業。

 EUは、軍民双方に使えるマルチパーパスのエンジンをイランやロシアに輸出することを禁じている。

 詳細は発表されていないが、その撃墜した「Mohajer-6」は、日本製、中共製、米国製のカメラ複数を搭載し、某外国製のレーザーレンジファインダーも搭載していたそうである。

 機体そのものは、2022-2に製造されていた。おそらく黒海で飛ばしたのは、その機体の実戦初飛行であっただろう。

 イラン製の無人機にはしょっちゅう、ロタックスエンジンが使われている。品番は「912」と「914」が多い。
 たとえば「シャヘド129」は、2013年の量産開始時点から「ロタックス914エンジン」(四気筒ガソリン)を搭載していた。

 ※バイラクタルの「TB2」のエンジンは「ロタックス912」である。これにかかわる問題について、詳しくは、拙著最新刊の132~134頁を参照せよ。

 2022-10前半、イラクでペシュメルガ部隊が撃墜した「モハジェ6」にも「ロタックス912」が搭載されていた。

 記者はしきりにロタクス社に問い合わせているが、まだ返答に接しない。』

https://af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1637377&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062&url=https%3A%2F%2Fwww.amazon.co.jp%2Fdp%2F4198655405

民主党所属の30人の「進歩派」連邦下院議員が月曜日に「直接プーチンと交渉してウクライナ戦争をおわらせろ」とバイデンに要求した書簡を…。

民主党所属の30人の「進歩派」連邦下院議員が月曜日に「直接プーチンと交渉してウクライナ戦争をおわらせろ」とバイデンに要求した書簡を…。
https://st2019.site/?p=20522

『Amy B Wang and Yasmeen Abutaleb 記者による2022-10-25記事「Liberal Democrats withdraw letter to Biden that urged him to rethink Ukraine strategy」。

    民主党所属の30人の「進歩派」連邦下院議員が月曜日に「直接プーチンと交渉してウクライナ戦争をおわらせろ」とバイデンに要求した書簡を、撤回することになった。大ブーイングを浴びて。』

10月20日にロシア領海で4発の水中爆発が起きた。

10月20日にロシア領海で4発の水中爆発が起きた。
https://st2019.site/?p=20522

『Boyko Nikolov 記者による2022-10-25記事「Four underwater explosions were registered in Russian territorial waters」。

   10月20日にロシア領海で4発の水中爆発が起きた。フィンランドの地震計がそれを探知している。
 場所は、フィンランド湾。レニングラード郡プリモルスク市から南西に40kmほどの海中。
 そこはフィンランドの国境からは30kmしか離れていない。

 時刻は、モスクワ時刻で12時35分に1発目。18時32分に4発目。
 最大の爆発はマグニチュード2.0を記録。

(※ ちなみに、ノルドストリームの爆発が起きたのは、9月26日。)』

スロヴァキアの国防省が英メディアに語った。

スロヴァキアの国防省が英メディアに語った。
https://st2019.site/?p=20522

『「Slovakia may transfer its fleet of MIG-29 fighter jets to Ukraine」という記事。
    スロヴァキアの国防省が英メディアに語った。
 11機あるうちの「ミグ29」をウクライナにくれてやることは可能である。しかしわが国は貧乏なので、同盟国はその代金を払ってほしい。1機3000万ポンドほど。』

ウクライナ空軍の「ミグ29」が、10月12日、空中で破壊した「シャヘド136」の破片に当たって墜落した。

ウクライナ空軍の「ミグ29」が、10月12日、空中で破壊した「シャヘド136」の破片に当たって墜落した。
https://st2019.site/?p=20522

『Boyko Nikolov 記者による2022-10-24記事「History-maker: Shahed-136 hit the MiG-29 and became a legend」。

    ウクライナ空軍の「ミグ29」が、10月12日、空中で破壊した「シャヘド136」の破片に当たって墜落した。

 現地の夜21時であった。

 このパイロットはそれまでに5機の無人自爆機を撃墜していたという。
 衝突空域は、「ツルボウ」村の近くであった。

 みずから破壊した「シャヘド136」のバラバラ機体の一部がミグのコクピットを直撃した模様だ。

 パイロットはエジェクトできたが、入院している。』

ロシアであいついで墜落した戦闘機の墜落原因は「SDU-10」という飛行制御システムの不具合だろう。

ロシアであいついで墜落した戦闘機の墜落原因は「SDU-10」という飛行制御システムの不具合だろう。
https://st2019.site/?p=20522

『Defense Express の2022-10-25記事「Hiding the Reason of Su-30SM and Su-34 Crash, russia is Explaining it With “Birds”」。

   ロシアであいついで墜落した戦闘機の墜落原因は「SDU-10」という飛行制御システムの不具合だろう。これはスホイ34にも、またスホイ30SMにも、インストールされているのである。

 鳥の吸い込みは原因ではない。それだったらエンジンから火を吹いているはずだから。動画でチェックすれば嘘だとわかる。

 工場から出荷されたばかりの機体が離陸後、速攻で墜落したとすると、事態は深刻だ。
西側部品が入手できないことと関係があるだろう。』

PDAという大統領権限があって、それを行使すれば、在庫の軍用品を議会の承認なしで緊急に外国へ援助できる。

PDAという大統領権限があって、それを行使すれば、在庫の軍用品を議会の承認なしで緊急に外国へ援助できる。
https://st2019.site/?p=20522

『Mike Stone 記者による2022-10-25記事「Exclusive: U.S. considers HAWK air defense equipment for Ukraine」。

   米国はウクライナに「ホーク」を寄贈することを考えている。ドローン防禦の役に立つはずなので。

 PDAという大統領権限があって、それを行使すれば、在庫の軍用品を議会の承認なしで緊急に外国へ援助できる。

 ホークを何セット、送るのかは、ホワイトハウスがあかしていない。
 すでに倉庫に20年以上置かれているものを引っ張り出すので整備の時間が必要。

 ※実現すれば、現役装備でない装備の援助例となる。こういうことが可能だとすれば、米本土にはモスボール兵器はおびただしくあるはずなので、その援助が続くかもしれない。』

鹿屋に「MQ-9 リーパー」が8機、展開した。

鹿屋に「MQ-9 リーパー」が8機、展開した。
https://st2019.site/?p=20522

『Seth Robson 記者による2022-10-24記事「Air Force Reaper drones to begin surveillance flights out of Japan within weeks」。

    鹿屋に「MQ-9 リーパー」が8機、展開した。空軍の要員150名とともに。
 今月末に哨戒飛行を開始する。

 防衛省は、このリーパーは兵装を搭載しないと文書で強調している。鹿屋市のウェブサイト向けに。

 鹿屋には、海自のP-3Cが常駐している。海兵隊のKC-130などが立ち寄ることもあり。

 三沢とヨコタには空軍の「RQ-4 グローバルホーク」あり。
 三沢と岩国には、海軍の「MQ-4C トライトン」あり。』

ロシアが放っているイラン製の片道攻撃ドローンは7割が途中で撃墜されているというが…。

ロシアが放っているイラン製の片道攻撃ドローンは7割が途中で撃墜されているというが…。
https://st2019.site/?p=20522

『Jack Buckby 記者による2022-10-25記事「Russia’s Drone Strategy in Ukraine Exposed」。

   ロシアが放っているイラン製の片道攻撃ドローンは7割が途中で撃墜されているというが、その分、ウクライナ軍が保有している防空資産を急速に消尽させているので、無駄ではない。

 また、低速の自爆特攻機のスウォームと、少数の高速の対地ミサイルを組み合わせて同時弾着させることにより、ウクライナ側の防空態勢を希釈させるという戦法も採用している。これ、特定点の破壊のためには、なかなか有効。

 ※ドゥーエの1920年代の論文から高唱されていることを今もって米国の大将どもがさっぱり理解していないように見えることには呆れるしかない。

空の戦いでは防禦側は常に不利なのであり攻撃側が常に有利なのである。

だから、援助するなら少数の高額なSAMではなく、イラン製と同じくらいに安価な長距離特攻自爆機を数的に無尽蔵に供給するのでなければ、貴重な税金の無駄になるのだ。

ひたすらロシア本土の鉄道施設を狙わせておけば、コラテラルダメージの非難はかわせる。

米国のベンチャーなら簡単に量産できる技術レベルなのに、イランよりも仕事が遅いとは、一体何をやっているんだ?』

中共の研究所は、宇宙のどの高度で水爆を炸裂させれば…。

中共の研究所は、宇宙のどの高度で水爆を炸裂させれば…。
https://st2019.site/?p=20522

『Joseph Trevithick 記者による2022-10-25記事「Chinese Nuclear Anti-Satellite Study Highlights Problem Of Countering Starlink-Like Constellations」。

   中共の研究所は、宇宙のどの高度で水爆を炸裂させればスターリンクを一挙に無力化できるかの計算をスパコンを使って進めている。

 たとえば高度80kmで10メガトンを炸裂させるとよいという。

 ※北鮮の次の実験は宇宙空間じゃないかな?』

元米軍の飛行操縦士が豪州で逮捕された。

元米軍の飛行操縦士が豪州で逮捕された。
https://st2019.site/?p=20522

『Kirsty Needham 記者による2022-10-25記事「Exclusive: Former U.S. military pilot who worked in China arrested in Australia, faces extradition」。

   元米軍の飛行操縦士が豪州で逮捕された。支那軍のための教官に雇われていたというので。身柄は米国に移送されるであろう。

 名前はダニエル・エドマンド・デュガン(54)。
 元海兵隊のハリアー教官。

 10年以上前、軍を辞め、豪州に移住。トップガンタスマニアという会社を開き、米英の退役パイロットを雇い、観光客を戦闘機に乗せてやる観光業をしていた。

 2014年に会社を売り払い、北京へ移住。
 2017から青島で中共の航空産業のためのアドバイザー業を開始。』

黄河

黄河
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E6%B2%B3

『黄河(こうが、拼音: Huánghé、ホワンホー)は、中国の北部を流れ、渤海へと注ぐ川である。全長約5,464キロメートルで、中国では長江(揚子江)に次いで2番目に長く、アジアでは長江とエニセイ川に次いで3位、世界では6番目の長さである。

なお、河という漢字は本来は固有名詞であり、中国で「河」と書いたときは黄河を指す。これに対し、「江」と書いたときは長江を指す。現在の中国文明の直接の母体である黄河文明を育んだ川であり、中国史上において長江と並び巨大な存在感を持つ川である。 』

『地理

上流

青海省を流れる黄河上流
臨夏回族自治州で黄河上流の本流に設けられている劉家峡ダム
黄河中流の壺口瀑布。山西省吉県と陝西省宜川県の間
甘粛省蘭州市
黄河下流の山東省済南市に架かる洛口浮橋。遠方の岡は鵲山

黄河流域は地理的にはいくつかに大きく区分できる。チベット高原、黄土高原、オルドス・ループ、華北平原である。黄河は玉樹チベット族自治州の東端に近い青海省バヤンカラ山脈に源流があり、7つの省と2つの自治区を縫って流れる。バヤンカラ山脈に端を発した黄河は、チベット高原の中を大きく蛇行しながら北へと流れ、青海省の西部で黄土高原の中に入る。甘粛省に入ると甘粛三峡と呼ばれる劉家峡・塩鍋峡・八盤峡を流れる。劉家峡から八盤峡までは70キロほどしかないが、この3つの峡谷にはそれぞれ劉家峡水力発電所(1969年完成)・塩鍋峡水力発電所(1962年完成)・八盤峡水力発電所(1980年完成)があり、発電および周辺地域の灌漑に利用されている[1]。

この地域までは黄河は基本的に深い谷をなしながら流れ、灌漑などに水を利用することも中華人民共和国成立まではほぼ行われてこなかったが、この3つの峡谷を抜けたところで黄河は初めて開けた土地へと流れ込む。蘭州盆地である。蘭州盆地の中心都市である蘭州市は黄河でもっとも上流に位置する大都市であり、黄河の渡河地点から発達した都市で、人口は300万人以上に上り、中国北西部の中心都市である。蘭州から北へと向きを変えた黄河が市を抜けてしばらくするとふたたび切り立った崖に周囲を囲まれ、寧夏に入ると青銅峡と呼ばれる渓谷へと流れ込む。この渓谷にもダムが建設され、寧夏の豊かな農業生産を支えている。

青銅峡を抜けると、黄河は寧夏の広大な盆地へと流れこむ。銀川平原(寧夏平原ともいう)は黄河のほとりに広がる広いオアシスであり、「天下黄河富寧夏」(天下の黄河が寧夏を富ます)という言葉通り、古くからその肥沃さと水の豊富さで知られ、「塞上の江南」とも呼ばれる。西夏王朝もこの銀川市に本拠地を置いた。この地域は回族が比較的多く、寧夏回族自治区を形成している。銀川平原は農業生産力が高いため、近年では人口圧の高まっている寧夏南部の黄土高原地帯から銀川平原への生態移民が行われている[2]。この高い農業生産力を支えているのは豊富な黄河の水である。この地域は黄河からの直接の引水が可能であり、青銅峡灌区と呼ばれる一大灌漑地域となっている。この地域での灌漑用水は、使用後は再び黄河へと戻される。

銀川平原を抜けると、黄河はオルドス高原の中をなおも北上したのち、内モンゴル自治区のバヤンノール市で東へと向きを変え、包頭市の先で今度は南へと向きを変える。この地域は「河套」と呼ばれ、屈曲部北端の平原は河套平原と呼ばれている。この河套平原も黄河からの直接引水が可能であり、バヤンノール市に築かれた三盛公ダムから灌漑用水が供給され、河套灌区と呼ばれる一大灌漑地域となっている。この地域ではコムギやトウモロコシがおもに栽培される。河套灌区での灌漑用水は黄河へと戻されず、烏梁素海という湖へと流される。呼和浩特市の先、頭道拐で黄河は流路を南へと転ずるが、この頭道拐までが黄河の上流部とされる[3]。

中流

蘭州から渭水との合流地点までは、黄河は漢字の「几」の字のような形で大きく屈曲する。この部分はオルドス・ループ(Ordos Loop)とも黄河屈曲部とも呼ばれる。この屈曲部の北東端までが上流で、それより南が中流ということになる。頭道拐からは黄河はほぼ真南に向かい、黄土高原のただなかを流れるが、黄河の土砂の供給のかなりの部分はここからもたらされる。黄河そのものの浸食のほか、黄土高原各地を流れる支流や、関中盆地から流入する渭水も流域の黄土を大量に含んでいるためである。この地域では黄河は険しい黄土高原を切り裂いた深い谷の底を流れるため、黄河の水はほぼ使用不可能である。頭道拐のすぐ南には1999年に万家寨ダムが建設され、灌漑や土砂調節などに大きな役割を果たしている。この地域では黄河は西の陝西省と東の山西省との省境をなし、西からは無定河や延河、東からは汾河などが流れこむ。

陝西省の潼関で西から流れてきた渭水と合流してほぼ直角に流路が折れ、今度はまっすぐ東へと向かう。東へと向かった黄河は、三門峡ダム、小浪底ダムといったダムを抜け、洛陽市の北方で山岳地帯を抜けて、広大な華北平原へと流れ込む。ここから始まる黄河の下流域は中原と呼ばれる。この地は黄河文明発祥の地であり、中国文明の中核地域として過去に歴代王朝の都が置かれた。鄭州市の北に位置する花園口までが黄河の中流域に属し、ここからは下流とされる[4]。鄭州市は一部黄河に沿って東西に走る幹線である隴海線と、黄河を越えて南北に走る幹線である京広線の結節点であり、交通の要所として栄えてきた。また、鄭州市に属する鞏義市で、南から流れてきた洛河を合わせる。
下流

黄河は鄭州市を抜け、北宋の都であった開封市付近で東から北東へと向きを変え、あとは河口までほぼ北東に流れる。この部分の黄河は、上流の黄土高原で流れ込んできた大量の黄土が含まれている。黄河が流送する土砂は年間16億トンと言われ、この土砂の堆積によって、下流部は天井川となる。このため、華北平原には黄河にそそぎ込む支流はなく、本流を除いては華北平原は黄河流域とは厳密には言えない。黄河の堤防が分水嶺となるため、華北平原の河川は黄河以北は海河、黄河以南は淮河の流域に属する。しかし一方で、海河・淮河ともに黄河の河道変遷(後述)によって黄河本流となったことがあり、また黄河によって運ばれてきた黄土が華北平原そのものを形成し、平原全域を覆っていることから考えても、華北平原全域が黄河の影響下にある地域であるといえる。また、山東省の黄河以北は位山灌区と呼ばれ、天井川となっている黄河から灌漑用水を引水して農業が営まれている。この位山灌区は面積的には青銅峡・河套両灌区とほぼ同じ面積であるが、気候的に冬小麦と裏作の二毛作が可能であり、黄河の水供給が逼迫する中でもその特性から灌漑区域が拡大している。黄河は山東省西部において大運河と接続するが、この付近にある東平湖はかつて黄河下流では非常に珍しい、黄河に流れ込む水系をなしていた。しかし第二次世界大戦後の河道安定に伴い黄河の河道に土砂が堆積したことで高低差がなくなり、現在では黄河氾濫時の遊水池としての役割を果たすのみとなっている。大運河自体は黄河よりも低く、大運河に沿って走る南水北調導水路の東線も黄河河道をトンネルでくぐって北へと向かう。

大運河に接続したのち、黄河は山東省の省都済南市の北側を通り、渤海湾に注ぐ。上流から流れてくる膨大な量の土砂の堆積により、山東省の河口付近には広大なデルタ地帯を形成している。黄河から海へ流入する土砂の量は、年に16億トン[5] から17億トン以上にものぼる[6]。渤海は黄海に属するが、黄海の名は黄河から流れ込む黄土などによって海面が黄色く濁って見えることからつけられた名である。
水文学的特徴

黄河は上流部で黄土のただなかを流れるが、この黄土はシルトであり、粒子が細かいため浸食されやすい。そのため、黄河には膨大な土砂が流れ込み、黄河という名称のもととなった。

黄河の水文学的特徴として、水が少なく砂が多い、水と砂の分布が不均等、下流域は天井川(川床が岸辺より高くなっている)で洪水災害が頻繁に起こるという点がある[7]。土砂量に関しては年間16億トンにのぼり、世界一の土砂含有量を持つ。この土砂量は第2位のガンジス川(年14.5億トン)と肩を並べ、第3位のアマゾン川が年間9億トンに過ぎないことからしても、ほかの河川からは冠絶している。しかも、黄河の年間水量は468億m3に過ぎず、これはガンジス川(3,710億m3)の8分の1であり、土砂含有率においては世界でもっとも高い大河川である[5]。

このため、黄河においては「水一石に泥六斗(「水一石 泥六斗」)」[8]と呼ばれるほど多くの土砂が含まれており、流量の少なさと土砂そのものの多さによって下流部に堆積し、河道変遷の要因となった。

この土砂は流域に建設されたダム群にも堆積し、特に黄河本流に初めて建設された大型ダムである三門峡ダムにおいては、この問題は深刻なものとなった。1960年の完成後急速にダム湖に土砂が沈殿し、1年ほどで潼関にいたる広大な地域に土砂が堆積して、関中盆地の主要部が洪水の危機にさらされたため、2度の改修によって土砂排出機能の改善を余儀なくされたのである。こうした堆積土砂は黄河の全ダムに共通しており、洪水抑制機能がかなり減衰した状態となっている。小浪底ダムにおいては、堆積土砂を押し流すための放水がたびたび行われている[9]。黄河のこの濁りは恒常的なものであり、あてのないことをただひたすら待ち続ける「百年河清を俟つ」という故事成語があるほどである。562年には黄河と済水がともに澄んだため、当時の北斉王朝が年号を「河清」へと変更した[10]。

黄河の土砂蓄積は現在も進行中であり、水量低下によって土砂の運搬能力が非常に落ちたためにむしろ加速する傾向がある。黄河下流域においては、大規模な堤防の堤内において水路周辺に再び土砂が蓄積して天井川化し、天井川の中に天井川が存在するといった状態にまでなっている[11]。こうした土砂の流出および蓄積を防ぐためにさまざまな対策が取られている。土砂流出のもっとも大きい黄土高原においては、耕作地に植林して森林を造成し土砂流出を抑制する、いわゆる退耕還林政策が行われている。また、上記の小浪底ダムの大放水はダムの堆積土砂のほか、三門峡ダムや万家寨ダムとも連携して放水することによって下流の河道に堆積した土砂を一気に押し流すことも意図している。

流路変遷と治水

各時期における下流部の流路

黄河下流域は膨大な土砂の堆積によって天井川となっているため、古来よりたびたび氾濫し、大きく流路を変えてきた。

それらの元流路は黄河故道と呼ばれている。

黄河の治水は歴代王朝の重大な関心事のひとつであった。

古代には現代の河道に比べてかなり西寄りを流れており、渤海北部の天津付近に河口があったが、紀元前602年に記録されている最初の河道変遷が起こり、黄河は旧河道と現代の河道のほぼ中間を流れるようになった。

春秋戦国時代は沿岸諸国が堤防を建設したが、この堤防は黄河本流から十分な距離をもって建設されており、氾濫しても堤防内にてある程度吸収することが可能であったため、黄河はやや治まっていた。

前漢の時代に入ると、紀元前132年に濮陽において黄河が決壊した。この決壊はそれまで知られていた黄河以北の河北平野における氾濫ではなく、黄河の南側で決壊して淮河へと流れ込むものであり、当時の経済中心のひとつであった黄河・淮河間の平野(淮北平野)に甚大な被害をもたらした。この決壊は23年後の紀元前109年にふさがれたものの、以後黄河は氾濫を繰り返すようになった。

これを防ぐため、紀元前7年に賈譲が「治河策」を著した。これは黄河の治水策として、上策を河道変更、中策を分流、下策を現河道の堤防のかさ上げとしたもので、この案は賈譲三策として知られ[12]、以後の黄河治水案の基礎となるものだった。しかし、前漢王朝はすでに衰退しており、この案を実行に移す国力はすでに失われていた。

新王朝時代の11年にはついに決壊して河道がさらに東へと転じ、現在の河道よりやや北をほぼ現河道と並行するように流れるようになった。

この氾濫・決壊は黄河下流域に甚大な被害を与え続けたが、69年から70年にかけて後漢の王景による治水工事が行われ、黄河は安定を取り戻した。

この王景の治水策は2点からなり、ひとつは華北平野で当時最も低く、なおかつ渤海へ最短距離で到達する河道を選択することで勾配をつけ土砂を押し流しやすくすることと、河北平野への分流を設け黄河の勢いをそぐことを根幹としていた。

この案は60年ほど前に提案された賈譲の上策および中策とほぼ一致するものだった。この治水の効果は劇的なもので、これ以降黄河は唐の時代にいたるまで800年以上ほぼ安定したままで推移し、河道変遷にいたっては北宋時代の1034年にいたるまで起きなかった。

この河道安定の理由としては、王景の治水計画が非常に優れたものであったことと、もっとも土砂流出量の多い中流域の黄土高原が、中国王朝の統治能力の減退によって北方の遊牧民がこの地域に進出し牧草地化したことで土砂流出がある程度抑制されたことがあげられる。このため、再び黄土高原に農民が進出し耕地化が著しくなった唐代以降、黄河の洪水は徐々に増加していった。

北宋期に入ると、黄河は再び暴れ川となり、1034年の決壊からはほぼ10年ごとに河道が変転する事態となった。この河道変遷は、漢の時代までの変遷が徐々に東へ向かう形だったのとは反対に、河道は徐々に西へと向かい、古代の河道のように北へと流れる傾向を示した。しかし、朝廷内では黄河の河道を東に向ける派と北に向ける派が対立し、治水は遅々として進まなかった。

黄河の河道はこのときまではすべて渤海に注いでいたが、南宋初期にこれを大きく変える出来事が起きた。

1128年、南宋の将軍である杜充が金軍の南下を防ぐため、黄河の南岸の堤防を決壊させたのである。これにより黄河は大きく南遷して南の淮河に合流し、黄海へと流れ込むようになった[13]。

この黄河の南流は1855年に再び黄河が北流し、現在の流路を流れるようになるまで700年近く続いた。当初は旧河道を通って渤海へと流れ込む水流も残っていたが、1150年に途絶し、黄河はすべて南流することとなった。

この南流期の黄河河道は一本化されておらず、何本かに分かれて淮河へと流入していたが、淮河の河道は黄河の全水量を受けられるほど広くなかったため、今度は淮河流域で洪水が頻発するようになった。

また、淮河から溢れた水は富陵湖や白水塘といったそれまでに存在した小さな湖を飲み込み、中国4位の広さを持つ淡水湖である洪沢湖を形成した。

さらに洪沢湖から溢れた水は高郵湖、邵伯湖といった湖を作り、南の長江に流れ込むようになってしまった。

やがて明朝期後半には、黄河の流れを一本化(束流)して、その水量で土砂を押し流す(攻砂)という、いわゆる「束流」案が潘季馴によって提唱され、主流となった。

この案の円滑な運用には、流路に堆積する膨大な量の土砂を取り除くための定期的な浚渫が不可避であったが、清王朝後期にはこの河川管理が崩れ、黄河は再び水害を頻発させ始めた。

1855年、黄河は大洪水を起こし、南流をやめてほぼ700年ぶりに北へと向かい、渤海へと注ぎ込むようになった。

このときの流路が、ほぼ現在の黄河の河道である。

黄河の現在の流路にはもともと済水(大清河)と呼ばれる大河が流れており、済南市の市名はこの済水の南に位置していたことからきたものだが、この流路変更によって済水の河道のほとんどは黄河本流となってしまった。

このときは黄河の河道を元に戻してほしい新流路である山東省グループと、黄河の河道変更を恒常化させたい淮河流域グループとの対立によって河道の改修と固定化が遅れ、結局1875年に現流路に流路が固定されることとなった。

また、日中戦争中の1938年には日本軍の侵攻を阻止しようとした中国国民党によって堤防が爆破され、流路が変わった(黄河決壊事件)。1947年に堤防の修復が完了し、河口が現在の位置になった。

戦後、三門峡ダムなど大規模なダムが建設され、大水害は減少した。

しかし、1970年代以降、工・農業用水の需要増大に伴って、下流部で流量不足になり、河口付近では長期にわたって断流するなどの問題が起きている(1999年以降、断流は発生していない)[† 1][14]。

2001年には三門峡ダムの下流に小浪底ダムが建設され、黄河の水位調節を行うようになって断流は発生しなくなった[15]。

とはいえ、黄河の根本的な水量不足は解消したわけではなく、これを解決するために南水北調計画が開始され、西線工区では水量の豊富な長江上流地域から黄河上流へと水を流し、黄河水量の増加によって甘粛や寧夏、内モンゴル、陝西省などの水不足を解消する計画が立てられたが、この西線工区は3,000メートル級の険しい山岳地帯に位置し、非常な困難が予想されるため、ほかの2工区と違いまったく着工がなされず、計画段階にとどまっている。

この計画の東線では大運河に沿ったルートで華北へ、中央線では漢水に作られたダムから河北省の西部へと水が送られ、黄河水系の水の負担を減らすことが期待されているものの、この両ルートではそれぞれ黄河をトンネルによってくぐって水を輸送するものとされ、黄河そのものにはこの両ルートからの水は流れ込まない。

また、源流域のチベット高原では過放牧や道路建設などによって重要な水源となる湿原の消失が続いており、長江や黄河といった大河川の水量への影響が懸念されている[16]。

環境

黄河流域には1億1,000万人以上の人々が住み、事実上黄河流域と一体化している華北平原の人口を加えるとさらに数倍となる。

この膨大な人口を支えるため、黄河の水は高度に利用されており、2000年から2002年にかけての黄河の水の利用率は84.2%に達し、河口には15.8%しか届かない。

このため、少しでも降水量が減少した場合、黄河の水は河口まで届かず、20世紀中には頻繁に断流を起こした。

断流が起こらなくなったあとも利用率の高さは変わらず、黄河下流は慢性的な流量不足の状態にある。

また、特に中下流においては人口稠密な地域を流れているため、沿岸の工場や都市から汚染物質が黄河へと流され、流量の減少と相まって深刻な水質悪化を招いている。

1985年には黄河本流の92.1%の区間が飲料水として利用可能だったものが、2004年には34.4%にまで減少してしまい、汚染区域の中でもどのようにも利用できない高度汚染水域が全体の25%を超えるようになった[17]。

さらに、流量減少によって河口部のデルタ地域の生態系に深刻な影響がもたらされたほか、断流期には黄河下流域の諸都市の工業・農業用水の供給が減少し、深刻な水不足に陥った。

歴史

黄河流域には紀元前7000年ごろに黄河文明が成立した。

黄河文明はやがて南の長江流域に成立した長江文明と一体化し、中国文明となるが、黄河流域は基本的に中国文明の中心地であり続けた。

黄河の治水は古くより中国文明においての重大事であり、伝説上の中国初の王朝である夏王朝の、禹が黄河の治水事業に成功して舜より禅譲を受けたことにより成立したという伝説も、その一端を示している。

紀元前17世紀ごろには確認できる中国最古の王朝である殷が成立した。

以後の歴代統一王朝は、基本的に西周が都した関中盆地の長安周辺か、中原の端にある東周が都した洛陽のいずれかに都を置いた。

一方、明確に中原諸王朝の支配下にあった地域は黄河屈曲部の中ほどまでであり、それ以北は北方の遊牧民族諸王朝の勢力下にあることが多かった。

屈曲部の北端である河套地域は黄河の遊水地的な湿地帯で、牧畜に必要な豊かな草と水が広がる大牧草地として遊牧民にも重要な土地のひとつとなっていた。

しかしこの地域はどちらの根拠地からも遠く離れており、両勢力の係争地となることが多かった。

戦国時代にはこの地域に趙が進出し、河套の北に長城を築いて雲中や九原を支配した。

趙を滅ぼした秦もこの地域の支配を継続し、九原県を置いたが、秦漢交代期にこの地域の支配は崩れ、頭曼単于の侵攻によって屈曲部北部は匈奴の領域となった。

以後100年近くこの支配は続いたが、武帝が即位すると匈奴は圧迫され始め、紀元前127年には屈曲部が、紀元前121年にはそれまで中国諸王朝が進出していなかった蘭州などの黄河上流部およびその西に連なる祁連山の麓までを支配下に置き、ここに河西四郡を置いた。

しかし後漢王朝以降、徐々に屈曲部の中国王朝の支配は減退し、さらに晋の衰退によって北方遊牧民族が中国北部に侵入し五胡十六国時代が始まると、黄河流域全体が遊牧民族の支配下に置かれるようになった。

こうした状況は北魏によって華北が統一されても続き、黄河流域の北朝と長江流域の南朝とが対峙する、いわゆる南北朝時代が長く続いた。この状況は、北朝の隋が南朝の陳を滅ぼして中国を再統一するまで続いた。

政治的には両大河流域は統一されたものの、経済的にはこの両河川は分離したままだった。

これを統一するため、610年には隋の煬帝の手によって大運河が完成し、黄河と長江が水運によって直結された。

これにより、大運河と黄河との結節点にあたる開封が経済的に大繁栄し、五代から北宋にかけての都となった。

一方で軍事的に弱体な宋は黄河屈曲部に十分な勢力を伸ばすことができず、河套は遼の支配下に入り、銀川平野はタングート族の李元昊が興した西夏王国の本拠地となった。

歴史上、銀川平野に独立王朝が割拠したのはこれが唯一のことである。

北宋が金に敗れ南遷すると、華北を支配するようになった金は中原の北端に近い中都(北京)に都を置き、以後の王朝は北京または南京に都を置くようになって、黄河流域に都は置かれなくなった。

元の時代には大運河がより直線的になるよう東側にルートが変更され、これによって水運の結節点でなくなった開封の経済的重要性は低落した。

気候と流域の産業

黄河流域の降水量は全般に少なく、年間降水量が1,000ミリを超えるところはほとんどない。

特に上流域では降水量が少なく、ほとんどがステップ気候に属し、一部には砂漠気候の地域もある。

下流は冷帯に属する。黄河流域と長江流域はだいたい秦嶺・淮河線によって分割されるが、この線は年間降水量1,000ミリ線とほぼ一致しており、そのためこの線の南北、すなわち黄河流域と長江流域では主穀や農作物といった農業全般、さらには文化全般にいたるまで、さまざまな違いがある。

長江流域が稲作を基盤とした区域であるのに対し、黄河流域は畑作を基盤とし、コムギを主穀として栽培する。

コムギは華北平原においては冬播きであるが、寧夏や甘粛などの上流部においては春播きコムギが一般的である[18]。

なお、コムギは後代に伝わってきた作物であり、黄河文明期からの黄河流域の基幹作物はアワであった。21世紀においても、アワはこの地域において二義的ではあるものの重要な作物のひとつとなっている。

ダイズや綿花などの栽培も盛んであり、また果物ではリンゴの生産は黄河流域が中心となっている[19]。

絶えず旅をするという意味の「南船北馬」という言葉が表す通り、黄河流域では舟運よりも馬などを利用した陸運がどちらかと言えば歴史的に盛んであった。とはいえ、大運河などが開削されたことからも分かるように、舟運がまったく利用されなかったわけではなかった。

支流

白河
黒河
洮河
湟水(中文)
祖厲河(中文)
清水河(中文)
大黒河(中文)
窟野河
无定河(中文)
汾河
渭河
洛河(中文)
沁河
大汶河(中文)

橋・トンネル・渡し

黄河には多くの橋や渡し船(中国語:渡口)がある。その主なものを、下流から上流に向かう順に列挙する。

山東省

勝利黄河大橋(墾利県にあり、勝利油田の近く)
済南黄河公路大橋(済南市)

河南省

開封黄河大橋(開封市)
鄭州黄河大橋(鄭州市)

山西省・河南省

三門峡黄河大橋(三門峡)

陝西省・山西省

韓城禹門口黄河大橋

寧夏回族自治区

銀川黄河公路大橋(銀川市)

内蒙古自治区

包頭黄河大橋(包頭市)

甘粛省

蘭州黄河大橋(蘭州市)
蘭州中山橋(同上)- 明代(1385年)に建てられた浮き橋「黄河第一橋」の跡が残っている。
蘭州銀灘黄河大橋(同上)

青海省

達日黄河大橋
扎陵湖渡口 - 黄河最上流の渡しといわれる。

黄河の下を潜る初めてのトンネルとして、蘭州の地下鉄用トンネルが2014年に着工されている[20]。
ダム

黄河本流には以下のダムが存在する。(建設順)

三門峡ダム(1960年、三門峡市、河南省)
三盛公ダム(1966年)
青銅峡水力発電所(1968年、青銅峡市、寧夏回族自治区)
劉家峡水力発電所(1974年、 永靖県、甘粛省)
塩鍋峡水力発電所(1975年、永靖県、甘粛省)
天橋ダム(1977年)
八盤峡水力発電所(1980年、 西固区、蘭州、甘粛省)
龍羊峡ダム(1992年、 共和県、青海省)
李家峡ダム(1997年)(尖扎県、青海省)
大峡水力発電所(1998年)
万家寨ダム(1999年)、 偏関県、陝西省と内モンゴル自治区)
小浪底ダム(2001年)(済源市、河南省)
拉西瓦ダム(2010年)(貴徳県、青海省)
羊曲ダム(2015年)(興海県、青海省)
瑪爾擋ダム(2016年)(瑪沁県、青海省)

2000年には、これらの中でもっとも発電能力の大きい龍羊峡ダム、劉家峡水力発電所、李家峡ダム、塩鍋峡水力発電所、八盤峡水力発電所、大峡ダム、青銅峡水力発電所の7つの発電所では、5,618メガワットの総設備容量を持っていた[21]。これらのダムの多くは落差の激しい上流域および中流域に建設されているが、この地域は潜在的な発電能力は大きいものの電力消費は経済開発が進んでいないためにそれほど多くない。このため、中国政府が西部の電気を東部の沿海域にまで送電する、いわゆる西電東送プロジェクトの一環に黄河上流域も位置づけられ、龍羊峡ダム、劉家峡水力発電所の2つの発電所で発電された電気が北京や天津といった沿岸北部の大都市や、工業の盛んな山東省に送電されている。このルートは、西電東送プロジェクト中の北部幹線ルートとなっている。
観光

老牛湾 - フフホト市清水河県と山西省の堺にあり、明王朝が作った遊牧民の侵略から漢民族を守るためののろし台がある。
石径禅院 - 忻州市河曲県の黄河に面した断崖絶壁にある。
香炉寺 - 陝西省楡林市佳県にある、黄河に面した絶壁の上にある寺。
壺口瀑布 - 50mの落差があり激流。
函谷関 - 古来、長安と洛陽を行き来するのに必ず通らなければならなかった場所。箱根八里の歌詞にも歌われる。
鸛鵲楼(かんじゃくろう) - 鸛雀楼とも書き、呼び方は同じ。コウノトリの意。6世紀に建設され、洪水の反乱で何度か流された。黄河の絶景ポイントとして詩人や芸術家に愛された。王之渙の「登鸛鵲楼」は有名。

その他
現在の中国の省である河北省・河南省は、それぞれ主要地域が黄河の北と南に位置していることからつけられた名前である。ただし、河北省は全域が黄河の北に位置するのに対し、河南省の北部の一部分は黄河の北に位置する。また、河南省は省内を黄河が流れるが、河北省内には黄河の本流だけでなく、黄河の流域すら存在しない。また、甘粛省の西部、武威から敦煌にいたる900キロの細長いオアシス都市群地域を河西回廊と呼ぶが、これは蘭州を流れる黄河の西に位置することにちなむ。』

習近平氏の権力掌握術 集団指導と決別 後継明かさず忠臣競わせる

習近平氏の権力掌握術 集団指導と決別 後継明かさず忠臣競わせる
大中国の時代 習氏の兵法②
https://www.nikkei.com/telling/DGXZTS00002660U2A021C2000000/

 ※ 「太子密建法」なるものがあったことは、知らんかった…。

『中国共産党の幹部人事が公表された23日午後。北京市の人民大会堂では、3期目入りを決めた習近平(シー・ジンピン)総書記と党代表が面会した。最前列に立ち、ぎこちない笑顔で習氏に拍手を送ったのは、直前に「降格」を言い渡された胡春華副首相だった。

「あいつは苦労が足りない」。党関係者によると、習氏は党大会前、胡氏をこう評したという。胡氏は李克強首相らエリートを輩出した共産主義青年団の出身。習氏の共青団嫌いは、党内では周知の事実だ。』

『「太子密建」忠誠求める

習氏は今回、忠臣で周囲を固めるとともに、もう一つ、自身に権力がより集中する策を講じた。後継候補を分かりづらくしたことだ。

「現代の『太子密建法』を考えているのではないか」。党内では習氏の狙いについて、こんな観測が流れる。』

『約300年前の清朝の時代。当時の皇帝である雍正帝は後継の名前を紙に記し、玉座の背後にかかる「正大光明」と書かれた額の裏に隠した。後継者は臨終の間際まで明かさなかった。

激しい跡目争いを見てきた雍正帝は、後継者である太子をひそかに決めておく「太子密建法」を編みだし、清朝の安定につなげた。習氏も、後継者を明示しないことで忠誠を競わせようとしている、との見立てだ。

習氏は党大会で後継者の育成に取り組む姿勢を示し、幹部への登用基準として「党に忠誠を尽くす」ことを挙げた。習氏が党の核心となったいま、それはすなわち、習氏への忠誠につながる。

かつての中国は毛沢東に権力が集中した結果、文化大革命による大混乱に陥った。その反省から鄧小平が進めた集団指導体制は、習氏の「イエスマン」で固めた人事で事実上終わった。

新たに幕を上げた習氏への忠誠心競争。その先には、幹部が過度に忖度(そんたく)し、抑止が利かない政治の暴走を招く近未来図が浮かぶ。』

胡錦濤氏退席前の新動画が拡散 ファイルに不満?

胡錦濤氏退席前の新動画が拡散 ファイルに不満?
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM254TE0V21C22A0000000/

『【北京=多部田俊輔】中国共産党の胡錦濤前総書記が22日の党大会閉幕式で途中退席する前、ファイルを巡って不満を示したと受け取れる動画がツイッターなどで拡散した。体調不良や習近平(シー・ジンピン)総書記らとの関係の難しさを示しているとの観測も上がる。

新しい動画はこれまでに拡散した動画より少し前の胡氏の動きをとらえたもの。胡氏が手元の赤いファイルを見ようとした際、左隣に座る栗戦書氏がその動きを制止してファイルを引き寄せたような姿が映る。その後、胡氏は離席直前に習氏のファイルにも手を伸ばしたが、習氏が応じなかったようにも見える。

ファイルの詳細は不明だが、記者らが会場に入ったときには壇上の指導部や長老ら出席者の前に置かれていた。閉幕式の決議事項などの資料がはさまれていた可能性がある。胡氏が退席する際に支えた係員がファイルを持ってともに退場した。

胡氏の途中退席を巡っては、国営の新華社は22日夜、体調不良が原因とツイッターに投稿した。党大会の公式行事での途中退席は異例。党人事などに不満があったなどと臆測を呼んだため火消しを図った可能性がある。

胡氏を巡る一連の動画を中国大陸で視聴することは難しい。中国当局は政治の関連情報を厳しく制限しているためだ。

党大会後の23日に発足した3期目の習指導部は、胡氏らを輩出した共産主義青年団(共青団)出身の李克強首相が最高指導部から外れ、同じく共青団出身で首相候補とされた胡春華副首相は政治局員から降格となった。

【関連記事】

・胡錦濤氏の途中退席、「体調不良」と国営メディア報道
・胡錦濤前総書記が途中退席 動画で見る共産党大会閉幕式
・中国指導部「一部自ら退任」 新華社、李克強氏ら念頭か
・中国最高指導部、「習派」8割に 政治リスク増大懸念 』

世界のチャイナウォッチャーが予想を外した「胡春華氏の降格人事」

世界のチャイナウォッチャーが予想を外した「胡春華氏の降格人事」
https://news.yahoo.co.jp/articles/c05be73f3ef7087c66b1ef5c703e01e059a4877b

『ジャーナリストの有本香が10月25日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。予定よりも遅れて発表された中国の経済指標について、また最高指導部の新たな人事について解説した。

中国が経済指標を日程よりも遅れて発表

2017年10月19日、北京の人民大会堂で記者の質問に答える胡春華広東省党委書記=写真提供:産経新聞社

中国国家統計局は10月24日、予定より遅れて7~9月期の国内総生産(GDP)を始めとする経済指標を発表した。GDPは前年同期比でプラス3.9%と予想を上回った。当初は共産党大会が行われている最中の18日に発表する予定だったが、前日に突然延期が発表された。共産党大会では習近平総書記(国家主席)の3期目続投が確定している。また、指導部メンバーからは金融改革や市場開放への支持で知られる李克強首相や、劉鶴副首相、人民銀行の易綱総裁らが外れた。

胡春華氏の降格

飯田)それから、胡春華氏が降格しました。

有本)そうですね。評論家の石平さんが「自分も含めて世界中のチャイナウォッチャーが予想を外した」と言っていました。胡春華さんに関してはまったく意外ですよね。

胡錦濤前国家主席の不可解な退場

有本)しかし最も驚いたのは、世界中に映像が配信されましたが、胡錦濤前国家主席が連れ出されたことです。

飯田)これを「退席」と書いているメディアもありましたが。

有本)全然違いますよね。「中座」と書いているメディアもありましたが。

飯田)映像を見ると、半ば連行しています。脇を掴んで。

有本)無理やり立たせていますからね。それから書類を引っ張っていました。しかも習近平氏が途中で書類に手をかけています。

飯田)「持って行くな」という感じで。

有本)ですから、いろいろな分析がされていますけれど、やはり出したのですよね。

飯田)出した。

有本)病気などと新華社は言っていますけれど、新華社の言っていることですからね。

異のある者を露骨に排除する習近平氏のやり方

飯田)全世界のメディアがいるなかで、ああやって出すというのは、意図的に見せたということでしょうか?

有本)そうなのだろうと思います。今回、意外な人事だったことも含めて、胡錦濤さんに連なると言っていいと思うのですが、いわゆる共青団系の人たちが全部排除されました。
ここまで露骨な人事を行い、なおかつ世界中に見せてしまう。これほど露骨な政的排除、自分に異論のある者を全員排除したことを見せるのは、「政治的にいいのだろうか?」と思いますね。

飯田)ここまで露骨に行うことが。

有本)大きな反感を買うでしょうし、あそこまで前国家主席の面子を潰すのは、むしろ中国的ではないと思いました。

飯田)公衆の面前で面子を潰されるというのは。

有本)仮に体調の面に問題があったとしても、あの出し方はないですよね。』

『都市部では小売りも不動産投資も鈍い ~年間目標をクリアできない

有本)このニュースの項目で、経済指標が日程より遅れて発表されました。

飯田)共産党大会に合わせて発表される予定でした。

有本)当然、3期目続投を宣言する習近平氏にとって不都合だったということです。しかし、結果を見てみると、一応GDPの成長率は予想を上回っていました。ただ、その原因は「地方政府のインフラ投資」という中国お得意のパターンなのです。「行き詰まっていないですか?」という話です。地方にどんどんインフラをつくって膨らませていくのですが、それ自体が既に行き詰まっている。

飯田)地方にインフラをつくること自体が。

有本)都市部ではロックダウンの影響もあって、直近で比べると少しはよくなっているところもあるようですが、小売りも不動産投資も非常に鈍いです。そうすると年間目標はクリアできない。

飯田)年間5.5%が今年(2022年)の目標だそうですけれど。

有本)やはり難しいです。

飯田)10~12月期で10%以上成長しなければいけないということですよね。

有本)そうです。10%超えの成長率があって初めて達成できる。ただ、中国は統計数字の取り方も先進国と違いますし、「そもそも鉛筆舐め舐めつくっているでしょう?」という疑惑のあるものですから、どこまで信用していいものかわかりません。突如として「12%成長しました」などと言いかねないのだけれど、でもやはり無理なのでしょうね。

飯田)そうですよね。そういう華々しい数字がつくれるのであれば、党大会の間に発表していますよね。

経済に関して堅実な方向性が出せるような人を排除した人事 ~旧来モデルの地方の活性化しかなく「バラ色の中国市場」が行き詰まる可能性も

有本)意外な人事についてですが、経済面においては、これから統制が強まっていく。そうすると、いままでそれなりにあった改革開放時代からの果実はすべて溶けていき、先ほど申したように地方のインフラ投資や不動産という、いままでの成長モデルが壊れていきます。

飯田)これまでの成長モデルが。

有本)人事でも、比較的経済に関して堅実な方向性が出せるような人を排除している。では、習近平氏の新体制が何をいちばんの目玉にしているのかと言えば、やはり「積極的に地方にいろいろなものをつくって活性化しましょう」というような話なのです。

飯田)旧来モデルしかないのですね。

有本)そうです。そうすると、今後も暗いですよね。

飯田)国内経済の話は、国家主席というよりは国務院総理です。李強さんがその役割になるようですが、この方はロックダウンで上海の経済を潰してしまった人ですよね。

有本)そうですね。どちらかというと習近平氏の顔色を見るのに長けているのでしょう。
飯田)そのようですね。

有本)この方はいままでも株式市場が混乱したときなど、大体間違った手を打ってきましたからね。それがもっと加速するのではないかという感じです。その流れで1つ言いたいのは、日本企業がいままでのように「バラ色の中国市場」というような姿勢でいられるのか、ということです。』

石平の中国週間ニュース解説・党大会緊急特番

石平の中国週間ニュース解説・党大会緊急特番
322,828 回視聴 2022/10/23
https://www.youtube.com/watch?v=fnGsefmC2TM

 ※ 石平さんの話しの要点:

『奇襲クーデターか

 ・北戴河では、団派との妥協が成立したはず。

 ・その時は李克強、汪洋の名前があったはず。

 ・しかし、10月21日にそれを覆す決定がなされた模様。

 ・大義名分は、「若返り」。

 ・10月22日の「草案」には、名前の記載があったと思われる。

 ・しかし、名簿の最終版から、両名は除外された。

 ・それに反対し、「再討議」を求めようとしても、マイクも、切られた。

 ・そして、強制的に「退席」させられた…。

 こういう「一幕」を衆人環視(海外メディを含む)の前で行ったということは、共産党の歴史においても、「前代未聞」。

 今後は、権力闘争は血まみれのものに突入し、「動乱の時代」となるのではないか… .。』

掟破りの「3期目突入」、習近平の独裁を中国共産党員が容認する本当の理由

掟破りの「3期目突入」、習近平の独裁を中国共産党員が容認する本当の理由
偉大な皇帝になりたい習近平と体制崩壊を恐れる党員たち
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/72287

『(川島 博之:ベトナム・ビングループ、Martial Research & Management 主席経済顧問)

 10月22日に閉会した中国共産党大会で習近平体制が3期目に突入することが決定した。

 習近平が権力に固執する理由については彼の性格や経歴との関連で分析されることが多いが、ここでは視点を変えて、なぜ9000万人以上もいるとされる共産党員が、習近平国家主席がルールを破って3期目に入ることを容認するのか、その理由について考えてみたい。
共産党員の「上に対する恐怖」

 第1に考えられることは「上に対する恐怖」である。

 共産党は上から下へ何層にも重なったピラミッド構造になり、各階層の党員には直属の上司がいる。習近平の子分が直属の上司になった場合、下層にいる共産党員はその命令に従わざるを得ない。心の中では習近平に反発していても、習近平を支持しているように振舞わなければならない。』

『中央政府、地方政府、警察、軍、そして国営企業に働く人々にとって共産党員であることは特権になっている。それは、これらの組織では、たとえ下級でも幹部に昇進するためには共産党員であることが必須条件になっているからだ。共産党員でなければ出世することができない。

 一生懸命に習近平思想を学習して党内の地位を向上させる。党内の地位が向上すれば、地方政府や警察での役職も上がる。このような構造になっていれば、共産党のトップに立つ者が地方政府や警察をコントロールすることは容易である。
既得権益者の「下に対する恐怖」

 第2は「下に対する恐怖」である。

 現在、地方政府や国営企業の幹部はたとえ下級幹部であっても、現体制の中で利益を享受している。公務員や国営企業の職員の給与は決して高いものではないが、公務員は官舎を、国営企業の職員は社宅を安価で提供されている。住居が高騰している現在それだけでも特権であるが、その他にも各種の手当てを各組織がお手盛りで作っている。公務員であることには、実際にもらう給料以上のメリットがある。

 また彼らは医療や年金の面でも特権的な地位にいる。極論すれば日本人のような年金や医療保険システムに入っているのは、公務員と国営企業の職員だけと言っても過言ではない。もちろん、北京や上海に本社を持つ一流企業は公務員並みの年金や医療保険制度に加入している。しかし、農村や田舎の都市に暮らす大多数の人々はその恩恵にはあずかっていない。』

『そして公務員であれば、地方政府の部課長級であっても、子供の就学や就職において有利である。また、あからさまな汚職は少なくなったとされるが、管理職であればいろいろなことを頼まれる。その度にそれ相応の謝礼をもらうが、これは汚職ではない。中国の習慣である。だから地方で中堅幹部になれば、絶対にその職を失いたくない。

 そんな彼らは庶民と直接接しているだけに、庶民が彼らを羨むと同時に心の底で憎んでいることをよく知っている。共産党体制が崩壊すれば、迫害されるのは習近平など中央の幹部だけではない。より一層民衆に近い立場にいる地方幹部は酷く迫害されるに決まっている。それは「下に対する恐怖である」。

 そんな共産党の中下級幹部は現状の維持を強く望んでいる。そして最も恐れているのが中国版の「ゴルバチェフの改革」である。中途半端な改革によって共産主義体制を破壊してはならない。現在、多くの中国人は、不動産バブルが崩壊し始めたことに気づき始めたが、多くの党員はそれによって共産党体制そのものが崩壊することを恐れている。

 不動産バブルの崩壊は仕方がないとしても、それを体制崩壊に繋げてはいけない。そして、その答えが習近平による独裁の強化である。

 上海や深圳に住むインテリ党員は改革開放をより深化させるなどと言っているが、田舎に住む一般党員にしてみれば、それは「ゴルバチェフの改革」にも似た危険な道に見える。現状を維持するためには、習近平による独裁の方が安心できるというわけだ。』

『中国は1人の皇帝が統治した方が上手く行く

 そして第3の理由として中国の歴史がある。

 春秋戦国時代以来、約4000年の歴史を持つ中国人は自国の歴史に強い自信を持っている。米国の歴史などせいぜい200年でしかない。そして振り返れば中国は常に1人の皇帝によって統治されて来た。もちろん、分裂して争っていた時代も長いが、それは誰が皇帝になるかを争っていた時代であり、皇帝による統治を否定したわけではない。

 中国に皇帝が存在しなかったのは清朝が崩壊した1912年から1949年までの間だけと言ってよい。それは混乱の時代であり屈辱の歴史でもあった。

 1949年からは毛沢東が皇帝になった。毛沢東は大躍進政策の失敗によって一時期権力が弱体化したが、文化大革命によって復活した。彼は病床に伏しても皇帝だった。彼を継いだ鄧小平も皇帝だった。若き日をフランスで過ごした鄧小平は皇帝になることに否定的だったが、彼自身は皇帝然として振る舞っていた。

 多くの民族が暮らす大きな国である中国は1人の皇帝が統治した方が上手く行く。これは漢民族の心の中に強くこびり付いた感覚と言ってよい。
偉大な皇帝ではない習近平は何を行うか

 以上で述べた3つの理由によって、習近平は案外すんなりと第3期に入ることができた。』

『ただ第3期目に入ることと、偉大な皇帝であることは別問題である。中国では「偉大な皇帝」は「偉大な事業を成し遂げた皇帝」と同義語だ。世襲によって皇帝になった人物を中国人は尊敬しない。

 秦の始皇帝、漢の劉邦、漢の武帝、唐の太宗、明の洪武帝、永楽帝、異民族ではあるが清の康熙帝、乾隆帝、そして中華人民共和国を打ち立てた毛沢東、改革開放を成し遂げた鄧小平──。彼らは偉大な皇帝である。中国の地方役人は、偉大な皇帝として誰もが彼らの名前を挙げる。

 3期目に入った習近平が狙うのは偉大な皇帝になることだろう。だがこれまでのところ習近平は何一つ偉大な事績を成し遂げていない。彼は談合によって皇帝の地位を手に入れたにすぎない。ここに習近平の3期目の最大の不安要素がある。

 偉大な皇帝でないのなら、地方役人は心から習近平に従うことはない。職務上従っているだけである。

 そんな習近平が3期目にとる道は2つに限られる。1つは「台湾解放」である。これを成し遂げることができれば、習近平は真に偉大な皇帝になり、終身尊敬を勝ち得ることができる。しかしウクライナ戦争の推移などを見ると、近い将来に習近平が台湾解放を成し遂げることは不可能と言ってよい。』

『そうであるなら、不動産バブルが崩壊し経済が低迷する中で求心力を保つためには、極度の監視社会を築き、人民をがんじがらめに縛るしか方法がない。

 そしてここがミソになるが、この路線を多くの中下級共産党員が支持しているのだ。監視社会が強まれば強まるほど、中下級共産党員の権限も増大する。習近平の名を語りながら、地方の共産党幹部は大きな顔をして街を歩くことができる。役得も増える。

 大多数の共産党員は、外資系企業やアリババに代表されるハイテク企業を好ましく見ていない。中国が豊かになる過程では外資系企業やアリババが必要であったが、それなりに豊かになった現在、彼らが大きな顔をして中国を闊歩することを共産党員は面白く思っていない。

 9000万人以上もいる共産党員の声なき声は、習近平独裁を望んでいる。習近平独裁に反対していたのは上海や深圳に住むインテリ党員に過ぎないが、その数は圧倒的に少ない。このような底流が共産党内部に存在するために、習近平は意外にもスムーズに3期目に突入することができたと考えられる。』