イランがロシアに売った無人機のひとつ「Mohajer-6」。

イランがロシアに売った無人機のひとつ「Mohajer-6」。
https://st2019.site/?p=20517

『Tanmay Kadam 記者による2022-10-23記事「‘Deadly Drones’: Israeli Expert Explains What Makes Iranian Shahed-136 UAVs So Successful Against West-Backed Ukraine」。
   イランがロシアに売った無人機のひとつ「Mohajer-6」。高度1万5000フィート以上を飛べるため、肩SAMによっては撃墜されることはない。レンジは200kmに達し、滞空は12時間可能だ。

 用途は偵察。だが、やろうと思えば兵装×2~4発を投下することもできる。「Quaem」という赤外線画像誘導爆弾か、「Almas」という対戦車ミサイル。

 シャヘド136の弾頭重量は、5kgから30kgの間で変えられる。弾頭を軽くすれば、遠くまで飛ばせる。

 イランは「シャヘド136」が墜とされやすいのを知っているのて、いちどに5機以上をスウォームで襲来させるよう指導している。これまで露軍は最大で、同時に12機を飛ばしてきた。

 イスラエルの軍事技術者氏いわく。シャヘド136のプロペラは木製。模型飛行機に近い技術要素だけで無人特攻機にまとめあげている。

 低速というのも悪いことばかりじゃない。ほとんどの防空レーダーは、低速飛翔物をノイズとして無視するようにソフトウェアを組み立てている。その裏を掻けるからだ。

 2019年にイランは「シャヘド136」でサウジのアブカイクの石油施設を空襲し、このプラントを2ヵ月間、ダウンさせた。

 イスラエルの専門家氏いわく。シャヘド136にくらべて「Mohajer-6」はレーダー探知しやすく、レーダー誘導式のSAMで簡単に撃墜できる。旧ソ連製の防空システムでも対処が容易。よって、露軍もこっちの機種はあんまり使えないと学習したところだろう。

 シャヘド136は衛星航法電波に頼らねばならぬところが、一大弱点。いま、複数の国で、この弱点を衝いてシャヘド136を無力化してやろうというECM装置を大急ぎで作っている。

 ワシントンのウクライナ大使館附武官のクレメネツキー少将いわく。いまのところ、SA-8「オーサ」と、「シルカ」自走高射砲が、イラン製UAVの撃墜には有効である、と。
 また、ドイツから供与されたゲパルト高射戦車についても絶賛。』