防衛省、西之表市などに10億円交付金 馬毛島基地整備で

防衛省、西之表市などに10億円交付金 馬毛島基地整備で
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOJC2419N0U2A021C2000000/

『防衛省は自衛隊の基地整備が計画されている鹿児島県の馬毛島(西之表市)に関して、西之表市など3市町に計10億6200万円の再編交付金を支給すると通知した。馬毛島は種子島に隣接する離島で、基地整備と米軍の空母艦載機の着陸訓練などが想定されている。国が基地などの受け入れ先や周辺の自治体に交付金を支給する仕組みがあり、それに基づく措置。

内訳は西之表市が7億7700万円、中種子町が1億9400万円、南種子町が9100万円となっている。西之表市の八板俊輔市長は「法に基づき交付されるものであることから、その趣旨を考慮の上、事務手続きを進めたい」とコメントした。中種子、南種子の両町は基地に賛意を表明しているが、八板市長は基地への賛否を明らかにしていない。

【関連記事】

・米海軍作戦部長「23年までに台湾有事も」 中国に懸念
・鹿児島知事、馬毛島の基地整備で意見書 防衛省に提出
・馬毛島基地整備の工期4年 防衛省、環境配慮「適正」
・馬毛島基地に理解求める 防衛相、地元で首長と会談 』