米国はウクライナにすでに100万発以上の野砲弾を補給したことが分かった。

米国はウクライナにすでに100万発以上の野砲弾を補給したことが分かった。
https://st2019.site/?p=20506

『Howard Altman 記者による2022-10-21記事「Ukraine Has Received Over A Million Artillery Rounds From The U.S.」。

   米国はウクライナにすでに100万発以上の野砲弾を補給したことが分かった。DoDの公式発表。

 その内訳。
 普通の155粍榴弾が90万3000発。
 M982エクスカリバーが3000発。
 対戦車地雷散布弾RAAMSが7000発。(十五榴1発の中に地雷9個入り。)
 105mm榴弾が18万発。

 この弾薬の重さを合計すれば5万トン以上になるという。

 「HF1」と呼ばれる通常榴弾は、弾丸の重さが103ポンドで、その充填炸薬は23.8ポンド(10.79kg)。炸薬はTNTもしくは「IMX-101」(被弾しても誘爆を起こさぬ最新の鈍感爆薬。威力はTNTと互角)。メーカーはジェネラルダイナミクス社。

 ※米軍としては、古いTNT充填弾をすべて外国軍に援助してしまって、自軍を「IMX-101」充填弾だけで在庫一新してしまえたなら、悪くないだろうね。』