イタリア・メローニ内閣、22日発足

イタリア・メローニ内閣、22日発足 自国優先主義へ傾斜
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR21EC50R21C22A0000000/

『【ウィーン=田中孝幸】イタリアのマッタレッラ大統領は21日、9月の総選挙で第1党になった極右「イタリアの同胞」(FDI)のメローニ党首を次期首相候補に指名した。メローニ氏はこれを受諾し、22日に宣誓式を経て極右「同盟」と中道右派「フォルツァ・イタリア」との連立内閣を発足させる考えを示した。同氏はイタリアで初の女性首相となる。
メローニ氏は大統領との会談後に、新内閣の閣僚名簿も発表した。欧州連合(EU)との経済問題の交渉で重要な役割を担う経済財政相には同盟のジョルジェッティ経済開発相、外相にはフォルツァ・イタリアのタヤーニ元欧州議会議長をそれぞれ起用した。

新政権の誕生により、ドラギ政権で国際協調路線を続けたイタリアは内向きな「自国優先主義」に傾くことになる。メローニ氏は大型減税やエネルギー高騰対策の補助も打ち出しており、歳出拡大による財政の悪化への懸念も出ている。

外交政策ではウクライナに侵攻したロシアのプーチン政権に対する強硬姿勢を続ける方針で、米欧の対ロ制裁も支持する考えを示している。ただ、同盟やフォルツァ・イタリアでは制裁への懐疑論も根強く、欧州連合(EU)や主要7カ国(G7)内での対ロ政策の足並みの乱れにつながるとの懸念も出ている。

【関連記事】

・欧州安保に動揺も イタリア次期政権、親ロ勢力が参加
・「プーチン氏からウオッカ」で物議 ベルルスコーニ氏
・イタリアにみる欧州政治 相次ぐ危機、EUの結束強化 』