このダムが決壊すると「北クリミア運河」の水位も下がり、通航は不可能になる。

このダムが決壊すると「北クリミア運河」の水位も下がり、通航は不可能になる。
https://st2019.site/?p=20501

『Peter McLaren-Kennedy 記者による2022-10-21記事「Ukraine claims Russia planted mines at Kakhovka Hydroelectric dam」。

   鬼畜露軍はヘルソンから退却するさいの「置き土産」の準備を始めた。カホウカ水力発電ダムには機雷を設置し、いつでも爆砕できるようにした。

 このダムが決壊すると「北クリミア運河」の水位も下がり、通航は不可能になる。

 このダムは1956年に竣工。南部ウクライナの農地灌漑用水の水源ともなっている。目下の発電力は357メガワット。

 ※ヘルソンは燃えているか?』