冬を前に中国製品が一人勝ち、しかし不良品が、、、

北の国から猫と二人で想う事 livedoor版:冬を前に中国製品が一人勝ち、しかし不良品が、、、
https://nappi11.livedoor.blog/archives/5381016.html

『ロシアの全国経済紙Kommersantによると、中国からロシアに出荷された半導体の故障率がここ数ヶ月で1,900%増加したという。The Registerが伝えている。

Kommersantは匿名の情報源を引用して、ロシアによるウクライナへの不法侵攻以前は、輸入シリコンの欠陥率は2%だったと述べている。

この戦争が始まって以来、ロシアのメーカーは40%の不良率に直面しているらしい。

多くの部品で構成される製品では、品質上の問題が発生する可能性があるため、不良率が2%でも最適とは言えない。

しかし、40%という数字が示すように、このままでは製品として成り立たなくなる可能性がある。、、

この新聞は、多くの大手企業がロシアから撤退した経済制裁の責任を追及しています。

グレーマーケットの流通業者やその他の日和見主義的な事業者が、ロシア企業との取引に応じる唯一の存在として残されているのだ。おそらく、ロシアのバイヤーが簡単に代替品を手に入れられないことを知りながら、不当な製品をばらまいているのだろう。英文記事 、、、、、、

ロシアが中国企業のごみ捨て場扱いのようだ。何とか製品はできても、中国には高性能な検査機器が無いのだろう。記事の不良品は、輸入された半導体ではなく、どうやら中国製半導体を使った中国製品のようだが。

FireShot Webpage Screenshot #2173 – ‘欧州で中国製電気

「中国のアナリスト兼コンサルタント会社である JW Insights (Ijiwei) は、売上高が「前年の約 30,000 件と比較して、70,000 件から 80,000 件に急増した」と報告し、。半導体は輸出用電気毛布にも使用され、温度を監視および/または調整するために地元で作られたチップ(半導体)が含まれています.

Ijiwei 氏は、高級モデルには Bluetooth やその他の技術が含まれている可能性もあり、中国のチップメーカーにさらなる機会をもたらす可能性があると述べた。

コンサルティング会社によると、1 月から 7 月までの中国からの電気毛布の輸出額は 3,340 万ドル(約50億円)に達し、前年比 97% 増となり、他のクラスの家電製品を大幅に上回りました。英文記事 」

ロシアからの天然ガス供給が不安定になったことにより、欧州ではここ数十年で最大のエネルギー危機に陥っている。

欧州の人々は冬を乗り切るために、大急ぎで暖房器具の準備に取りかかっているが、欧州製の電気毛布やヒーターは割高で、選択肢も限られている。

そのような背景のもと、中国製電気ヒーターや電気毛布、空気熱源ヒートポンプなど暖房器具の輸出が、今年に入ってから爆発的に増加している。参照記事、、、、

どうやら問題は、ロシアだけにとどまらないようだ。ロシアにガスを止められ、ならばと中国製電気毛布を使えば焼き殺されるのでは、たまったものではない。参考:暖房器具生産を加速、欧州市場の新たなニーズに対応―広東省』