ペニー・モーダント

ペニー・モーダント
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%88

『ペネロペ・メアリー・モーダント(英語:Penelope Mary Mordaunt、[ˈmɔːrdənt]、1973年3月4日 – )は[1][2]、イギリスの政治家。ポーツマス・ノース選挙区(英語版)選出庶民院議員を務めている。2022年9月6日から庶民院院内総務・枢密院議長を務める。国防大臣、女性・平等担当大臣、国際開発大臣(英語版)を歴任した。

生い立ちとキャリア

1973年3月4日にデボン州トーキーで誕生した。彼女の名前はアレトゥサ級巡洋艦のHMSペネロペの名に因んでいる[3]。

ヒルシー兵舎で生まれた彼女の父親はパラシュート連隊を離れ、教師として従事した。モーダントには2人の兄弟がおり、その名はジェームズと弟のエドワードである[4]。

彼女の母親であるジェニファー[5]はフィッシャー・スノーデンの最初の労働大臣である。アンジェラ・ランズベリーは彼女の祖母のいとこである[6][7]。

モーダントはハンプシャー州ウォータールービルのオークランドローマンカトリックスクールアカデミーで教育を受け、ビクトリーランドシアタースクールで演劇を学んだ[8]。

議会における経歴(2010年から)

2003年11月に2005年の総選挙のポーツマス・ノース選挙区で闘う保守派候補に選ばれた。
彼女は保守派に[4]向かって5.5パーセントのスイングを達成したが、1139票で労働党候補のサラ・マッカーシー・フライに敗北した[9]。

女性のみの候補者を批判する[10][11] モーダントは、2005年の選挙後にデイヴィッド・ウィレッツのリーダーシップキャンペーンを中止するための参謀長として働いた[12]。

国際開発長官(2017年から2019年まで)

バングラデシュのクトゥパロン難民キャンプにて(2017年11月25日)

2017年11月9日に国際開発担当国務長官に任命されたモーダントは、一連の明らかに秘密で不正な会議をプリティ・パテルが辞任した後、休暇中にイスラエルの政治家と行った[13]。

国防大臣(2019年)

2019年5月1日にイギリスの5Gネットワークに関連したファーウェイの制限付きアクセスを許可する計画に関するリークの調査でギャビン・ウィリアムソンの解任後、史上初の女性の国防大臣に任命された[14]。

2019年7月24日に国防省を辞任し、女性・平等担当大臣としてツイッターを介して発表した[15]。

保守党党首選挙 (2022年)

2022年7月、ボリス・ジョンソン首相が辞任を表明し、モーダントは党首選挙に出馬した。

序盤の情勢は、ブックメーカーや世論調査によると、保守党党員からの支持率が1位と高く[16]、最有力候補とされていた。

保守党下院議員による第4回投票まで2位を維持し続けたが[17]、最終の 第5回目議員投票ではリズ・トラス外相に僅差で逆転され最下位となり、落選した[18]。

人物・私生活

「英国で最もセクシーな国会議員」と称されたこともあり[19]、リアリティ番組「スプラッシュ!」では水着を披露して話題となった[20][21]。

彼女は1999年にリーディング大学で成熟した学生であったポール・マーレーと出会って結婚したが、翌年には離婚した[22]。彼女は後にクラシック歌手であるイアン・リヨンと長期的な関係にあった[23]。

他のアクティビティー

モーダントはイギリス海軍予備役であり、クジラ島のHMSで副中イギリス海軍予備員を務めている[24] [25]』