英内相が辞任、政権にまた打撃

英内相が辞任、政権にまた打撃 トラス首相への批判示唆
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR19EI10Z11C22A0000000/

『【ロンドン=中島裕介】英国のブレーバーマン内相は19日、職務上の技術的なミスを理由に辞任を表明した。トラス首相への辞任の書簡では、表向きの理由とは別に「政府の仕事は間違いの責任を受け入れることで成り立っている」と記した。英政界では経済失政で市場を混乱させたトラス氏にも退陣を促す辞任だとみられている。

英紙タイムズなど一部のメディアは、トラス氏との移民政策の違いによる事実上の解任との見方を示した。トラス氏は大規模減税策による市場の混乱の引責として、14日にクワーテング財務相を更迭したばかり。短期間での相次ぐ重要閣僚の交代は、求心力が下がっているトラス政権にさらなる打撃となる。トラス氏は後任にシャップス前運輸相を起用した。

ブレーバーマン氏はトラス氏への書簡で、発表前の移民政策に関する情報を一部の与党・保守党の議員に電子メールで共有したと説明した。これが「規則の技術的な違反」にあたるため、辞任すると表明した。

ただ同じ書簡で「この政府の方向性に懸念を持っている」と政権への批判もにじませた。さらに「間違いが起きていないふりをして、魔法のようにやり過ごせることを期待するのは真剣な政治ではない。私は間違ったので、責任をとって辞任する」と書きつづった。

英BBCはブレーバーマン氏の書簡は「トラス氏に激怒していることを示している」と分析した。トラス氏は政権の経済失政について「過ちに責任を負い、謝罪する」としつつも、首相続投の意思を示している。

後任の内相のシャップス氏は、トラス氏を首相に選んだ党首選で対抗馬のスナク元財務相を支持していた。新財務相に起用されたハント氏もスナク支持派からの起用だった。トラス氏は自身の求心力回復のために党内の幅広い人材の登用に傾いているとみられる。
多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

伊藤さゆりのアバター
伊藤さゆり
ニッセイ基礎研究所 経済研究部 研究理事
コメントメニュー

ひとこと解説

トラス政権は、党首選でスナク氏を支持した議員を閣僚に登用せず、主要4閣僚に非白人男性を登用しました。

財務相に続く、内相の交替。ともに後任はスナク氏を支持した白人男性。
トラス首相は、閣僚人事の面でも、譲歩を余儀なくされています。

ブレーバーマン氏の書簡の文言は、「過ちを認め、過ちに対処することが誠実な政治家」と述べて、就任から2ヶ月足らずで、混乱を引き起こし、公約の大半を撤回に追い込まれながら、首相の座を降りようとしない、トラス氏への痛烈な批判とも読めます。

2022年10月20日 7:31』