数十名もの、元英軍所属のベテラン操縦者たちが、中共空軍に現代の航空戦術というものを教えてやるために支那軍から雇用されている…。

数十名もの、元英軍所属のベテラン操縦者たちが、中共空軍に現代の航空戦術というものを教えてやるために支那軍から雇用されている…。
https://st2019.site/?p=20472

『Thomas Newdick 記者による2022-10-18記事「Is China Really Using Ex-UK Military Pilots For Tactics Insights? Sure Seems Like it」。

 数十名もの、元英軍所属のベテラン操縦者たちが、中共空軍に現代の航空戦術というものを教えてやるために支那軍から雇用されているという驚くべき醜聞が露顕しつつあり。
 こやつらは、情報分析面での知見提供もしている模様。

 『ロンドンタイムズ』によると英人パイロットは少なくも30名。
 ほとんどは元ジェット機操縦者だが、少数のヘリパイも混じっている。

 この連中は、早い者は2019年末から雇用されている。年収24万ポンドが報酬だという(ざっと27万米ドル)。

 彼らの仕事は「操縦教官」レベルにとどまらない。むしろ高等な運用の指導、作戦助言、技術助言が期待されているのだ。
 西側の空軍/海軍がどのような戦術を採用しているのかも、教えてやっている。

 中共軍は、「F-35B」の関係者だった者を特に一本釣りしたがっているようだ。「タイフーン」のパイロットはとうぜんに多い。また回転翼機操縦者は、AWS用の「マーリン」および「ワイルドキャット」の運用経験者が優遇されている。

 さらにこんなことも分かってきた。
 南アフリカに、「テスト・フライング・アカデミー・オブ・サウス・アフリカ」(TFASA)という民間の飛行学校があるのだが、元RAFの退職者たちが、このフライトスクールの場を借りてこそこそと中共軍の現役パイロットたち相手に手取り足取り戦技を伝授してやっているという。

 この飛行学校にはどういうわけか、ジェット練習機の「L-15」や「FTC-2000」、さらに「Z-9」ヘリコプターなど、中共製の機材が充実している。どう考えても中共のダミー企業である。

 TFASAは年に250名の訓練生を卒業させ、彼らは中共の民航会社のパイロットになるという。それは中共のAVIC社との共同事業だという。

 西側メディアがTFASAに注目しはじめたのは今年の5月である。あきらかにそこでは中共軍のパイロットが育成されていて、しかも教官には仏人も混じっているようだった。

 南アには「SFC タクティカル・ソリューション・グループ」という私企業もあり、そこは民間の「射爆場」を保有している。なんとユーチューブには、TFASAの学生である支那人パイロットが、そこで面白半分に火器を発射しているビデオも投稿されている。

 今年、河南省で支那軍の練習機が墜落した事故があったのだが、どうもその同乗教官が、西洋人風なのである。英国人かどうかまでは、不明だが。』