情報セキュリティートップを解任 独政府

情報セキュリティートップを解任 独政府、ロシアとの関係問題視
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022101900013&g=int

『【ベルリン時事】ドイツのフェーザー内相は、情報セキュリティー担当当局である連邦情報技術安全局(BSI)のシェーンボーム局長を解任した。内務省報道官が18日、DPA通信に明らかにした。シェーンボーム氏を巡っては、ロシアとの関係が問題視されていた。

 内相はシェーンボーム氏について「中立性と独立性に関する信頼を継続的に傷つけた」と判断したという。』