シンセンでは半導体製造工場の建設ラッシュ。

シンセンでは半導体製造工場の建設ラッシュ。
https://st2019.site/?p=20472

『Iris Deng & Tracy Qu 記者による2022-10-18記事「 Tech war: Chinese local governments ramp up chip industry support as US piles on export restrictions」。
   シンセンでは半導体製造工場の建設ラッシュ。米国から先端技術の禁輸を食らっても高性能チップを自給できるように。

 従来、上海が、支那大陸内での半導体製造メッカだったが、それでは不十分だ。

 胡錦涛の息子が支配している麗水市。そこでも、新しい半導体工場群の建設がスタートしている。
 麗水にはこれまで、半導体関係の産業基盤など何もなかった。ゼロから巨大産業を立ち上げようというのだ。それだけ支那政府は必死である。

 そうした設備投資を、中共中央政府は資金面で応援する。
 もし5億元を投ずるチップ製造ラインなら、中央政府はそのうち500万元を補助する。

 また50億元を売り上げるチップメーカーには、中央政府は5000万元を補助する。』
https://af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1637377&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062&url=https%3A%2F%2Fwww.amazon.co.jp%2Fdp%2F4198655405