中国は「かなり急ピッチなタイムライン」で台湾統一狙う

中国は「かなり急ピッチなタイムライン」で台湾統一狙う-米国務長官
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-10-18/RJXBD5T1UM0W01?srnd=cojp-v2
『 ブリンケン長官:中国は台湾巡る現状の維持をもはや受け入れず
中国共産党大会開幕、習総書記は武力行使の放棄約束せず

ブリンケン米国務長官は17日、中国が従来の想定よりも「かなり急ピッチなタイムライン」で台湾統一を目指す決意だと指摘した。中国共産党の習近平総書記(国家主席)はこの少し前に、必要なら武力行使も辞さない意向をあらためて示していた。

Secretary Of State Blinken Testifies Before Senate Foreign Relations Committee
ブリンケン米国務長官
Photographer: Bonnie Cash/UPI/Bloomberg

  カリフォルニア州のスタンフォード大学で開かれたイベントでブリンケン国務長官は「中国の台湾に対するアプローチは近年変化があった」と発言。中国は「現状維持はもはや受け入れられないという基本的な決定を下しており、中国政府はかなり急ピッチなタイムラインで統一を目指す決意を固めている」との認識を示した。時期やその他の詳細については言及しなかった。』

『5年に1度開かれる中国共産党大会で習近平総書記は16日、広く注目される活動報告を行い、台湾問題に関して国家統一に向けて「歴史の車輪は前に進んでいる」と主張。「必要なあらゆる措置を講じる選択肢をわれわれは留保する」と付け加えた。

  バイデン政権当局者は台湾海峡のパワーバランスを浸食していると中国を再三批判してきたが、侵攻に関する中国政府の意向について発言することはあまりない。

ブリンケン長官の発言は中国が台湾統一の課題を前倒ししたという公式な評価を反映したものかと国務省に問い合わせたが、すぐには返答はなかった。

原題:Blinken Says China Wants Taiwan on ‘Much Faster Timeline’(抜粋)』