マスク氏、ウクライナでのスターリンク運用 米国防総省への資金要請はもうしない

マスク氏、ウクライナでのスターリンク運用 米国防総省への資金要請はもうしない
https://sputniknews.jp/20221018/13399610.html

『米国防総省は、ウクライナの衛星インターネットサービス「スターリンク」への資金配分を検討していると明らかにした。一方、米スペースX社のイーロン・マスクCEOはこの発言に対し、国防総省に資金提供を要請することはもうないと述べた。

先に、米国防総省はスプートニクに対し、ウクライナの衛星通信システム「スターリンク」の運用を確保するための資金配分を検討していることを確認した。

また、米紙ポリティコは複数の関係者の情報として、国防総省はこれに向け、ウクライナ軍への継続的な支援を目的とした特別プログラム「ウクライナ安全保障支援構想」から拠出する可能性があると報じた。

米国防総省がウクライナの衛星インターネットサービス「スターリンク」への資金配分を検討しているというツイートに対して、マスク氏は「スペースXはすでに資金提供の要請を取り下げている」と返答した。

SpaceX has already withdrawn its request for funding
— Elon Musk (@elonmusk) October 17, 2022

先に、マスク氏はスペースX社がこれ以上、ウクライナに提供した「スターリンク」のサービスに伴う支払いを行わないと表明していた。

米国のメディアはスペースX社がスターリンクの運用に必要な費用を肩代わりするよう米国防総省に要請したと報じた。

翌日、マスク氏はこの発言を撤回し、「スターリンク」の財政支援を継続すると表明した。

関連ニュース
イーロン・マスク氏、クリミアを真珠湾にたとえる

イーロン・マスクのスターリンクが日本でサービス開始 ウクライナは落胆 続編』