ベラルーシにロシア軍9000人配備へ ウクライナ“北部から攻撃”狙いか

ベラルーシにロシア軍9000人配備へ ウクライナ“北部から攻撃”狙いか
https://www.nippon.com/ja/news/fnn20221017431629/

『ベラルーシ国防省は、合同部隊に加わるために続々到着するロシア軍の映像を公開するとともに、展開するロシア軍が9,000人弱になると明らかにした。

ベラルーシ国防省は15日、列車や軍用トラックで続々到着するロシア軍の映像を公開した。

国防省の幹部は、配備は数日かかる見通しで、展開するロシア軍は、総勢9,000人弱になると明らかにした。

ベラルーシのルカシェンコ大統領は10日、ウクライナや欧米の脅威に備えるために、ロシアと合同部隊を編成すると表明していた。

合同部隊の具体的な活動場所や目的など不明な部分が多く、ウクライナを北側から攻撃する可能性も指摘され、緊張が高まるおそれがある。

(FNNプライムオンライン10月17日掲載。元記事はこちら)https://www.fnn.jp/articles/-/431629 』