益尾知佐子

益尾知佐子
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%8A%E5%B0%BE%E7%9F%A5%E4%BD%90%E5%AD%90

『益尾 知佐子(ますお ちさこ、1974年[1] − )は、日本にベースを置く国際政治学者。専門は、中国をめぐる国際関係・中国の政治外交。学位は、博士(学術)。九州大学准教授。 』

『経歴

学歴

1993年 東京大学 教養学部 文科II類入学

1998年 東京大学教養学部教養学科第三国際関係論コース卒業[2]

2000年 東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学 修士課程修了

2005年 東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学 博士課程単位取得満期退学

2008年 東京大学より博士(学術)授与(博士論文:「中国における『独立自主の対外政策』の形成 ――毛沢東時代から改革開放へ」)

研究歴

2000年 日本学術振興会特別研究員(DC1、東京大学)

2003年 日本国際問題研究所研究員(中国・朝鮮半島担当)

2004年 ハーバード大学名誉教授エズラ・F・ヴォーゲル研究助手

2005年 日本学術振興会海外特別研究員(ハーバード大学)

2007年 日本学術振興会特別研究員(PD、早稲田大学)

2007年 早稲田大学アジア研究機構現代中国研究所講師(兼・人間文化研究機構地域研究推進センター研究員)

2008年 九州大学比較社会文化研究院准教授

2014年 ハーバード大学イエンチン研究所 協働研究学者

2019年 中国社会科学院亜太与全球戦略研究院訪問学者

2019年 外交学院(中国)訪問学者
受賞歴

2003年 第1回優秀論文賞(アジア政経学会)
2010年 東京大学出版会刊行助成賞(現・東京大学南原繁記念出版賞)
2021年 中曽根康弘賞(中曽根康弘世界平和研究所)[3]

著作

単著

『中国政治外交の転換点 ――改革開放と「独立自主の対外政策」』東京大学出版会、2010年
『中国の行動原理:国内潮流が決める国際関係』中公新書、2019年

共著

『中国外交の世界戦略 ――日・米・アジアとの攻防30年』明石書店、2011年(趙宏偉・青山瑠妙・三船恵美と)
『中国外交史』東京大学出版会、2017年(青山瑠妙・三船恵美・趙宏偉と)

翻訳

エズラ・F・ヴォーゲル『日中関係史 ――1500年の交流から読むアジアの未来』日本経済新聞出版社、2019年
エズラ・F・ヴォーゲル『現代中国の父 鄧小平』上下巻、日本経済新聞出版社、2013年(杉本孝との共訳)

連載

「天遠地方」『国際貿易』(日本国際貿易促進協会) 2018年−
「中国動態」『週刊東京経済』2020年−

出演

深層NEWS (BS日テレ)[4]』