UAE大統領、プーチン氏に対話呼びかけ ウクライナ巡り

UAE大統領、プーチン氏に対話呼びかけ ウクライナ巡り
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR11CRW0R11C22A0000000/

『【ドバイ=福冨隼太郎】ロシアのプーチン大統領とアラブ首長国連邦(UAE)のムハンマド大統領は11日、ロシア北西部のサンクトペテルブルクで会談した。UAE国営首長国通信によると、ムハンマド氏はウクライナ侵攻について「対話、外交を通じてウクライナ危機の解決に向けて協議を続ける必要がある」とプーチン氏に呼びかけた。

ロシア側によると、プーチン氏は石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の主要産油国でつくる「OPECプラス」が大幅な減産で合意したことに言及。「世界のエネルギー市場に安定をもたらし、市場のニーズにこたえる」などと語った。OPECプラスは5日の閣僚級会合で、11月に日量200万バレル減産すると決定。米国などが反発していた。

UAEは欧米による対ロシア制裁に同調していない。プーチン氏が旧ソ連圏以外の外国首脳と直接会談するのは、9月30日にウクライナ東・南部4州の一方的な併合を宣言して以降、初めてとみられる。』