最新鋭戦車も置き去りで撤退したロシア軍の失態の数々

最新鋭戦車も置き去りで撤退したロシア軍の失態の数々
https://nappi11.livedoor.blog/archives/5373428.html

『地域の大部分からロシア軍が撤退したウクライナのハルキウ州で、ロシア軍の最新鋭戦車T-90M 「プロルイヴ:T-90M Proryv」が完璧な状態で見つかった。シートで保護された車体の横にはロシア軍を示す「Z」の文字が描かれており、操縦席も無傷の状態だった。

ウクライナ国防省は日本時間2022年9月19日、写真を添付した上で「持ち主の方はウクライナ軍までご連絡を。身元確認のサインは(降伏を意味する)白旗でお願いします」と皮肉を込めてツイートした。

FireShot Webpage Screenshot #1982 – ‘T-90M Proryv 3T-90M

「プロルイヴ」は、旧ソ連時代末期に開発されたT-90シリーズの最新型だ。2021年8月にロシア陸軍の実戦部隊に引き渡された。国営通信社が運営するウェブサイト「ロシア・ビヨンド」によると、T-90Mを製造するのは国産戦車市場を独占しているロシア企業「ウラル車両工場(ウラルヴァゴンザヴォード社)」。質素な製造工場の映像

最新型は、 ロシア内外に2000台あるT-90戦車を高度に最新化、改良したもので、メーカーの課題は「ゼロから戦車を開発して資金を浪費するのではなく、20世紀末のモデルをベースに、最新の戦車に匹敵し得る性能の戦車を作ること」だったという。米誌ニューズウィークは、ロシア国内メディアの情報を元に2022年5月、T-90Mがウクライナ駐留軍に派遣されていると報じていた。参照記事

16-9_90f87ac9-bbc1-4aa9-b38e-979728404a57

重大な欠陥は改善されず:従来のT-90M戦車の回転式砲塔は、内部に多数の弾薬を搭載するタイプだ。西側の防衛専門家らは、ロシアがウクライナで戦車の甚大な喪失を被ったことには、回転式砲塔内部に弾薬を多数搭載するという設計上の欠陥が寄与していると指摘しており、最新型T-90M戦車にも同じ設計状の欠陥が見られることになる。

FireShot Webpage Scr

西側諸国の軍隊は、ロシア軍戦車の「ジャック・イン・ザ・ボックス効果」を昔から認識していたという。

ジャック・イン・ザ・ボックスは、ナイフを刺すと樽から海賊が飛び出すオモチャ。ロシアの戦車は弾薬を砲塔内に搭載しているため、攻撃を受けると引火して爆発する危険性が高いのだ。よく、戦車の砲塔部分が転がっているのは、この部分の爆発によるものだろう。イズベスチヤ紙によれば、最新T-90M戦車は125mm砲のほか、誘導ミサイルを搭載しており、誘導ミサイルは、飛行中のものも含め、「最長5kmの距離にいる」装甲のあるターゲットを攻撃できるという。破壊されたT-90Mの映像と記事 映像

0b9e67a4、、

露軍は、侵攻開始時期からウクライナでの制空権を確保できず、また、衛星監視が可能だとしても満足な通信網をできなかったことで、地上の戦車の動きはウクライナ側に筒抜けで、作戦の統制にも大きな欠陥を持っていた。すべては、短期決戦で勝利すると言う軍部の甘い見通しの結果だろう。ゼレンスキー氏は、それを見抜いていた。

素人の筆者でも、ロシア不利が侵攻当初に予測でき、露軍は、侵攻時導入80a8dbbaした移動式コンテナ通信基地:左 もすぐに無傷のままウクライナ側に捕獲されると言う失態を重ねている。露軍将校らは、通信手段にウクライナ側携帯通信網を使わざるを得なくなり、それらはすべてウクライナ側が傍受していた。

0c26a5a5

一方、イーロン・マスク氏の英断で通信衛星の使用が可能になったウクライナは、敵の位置情報入手と無人機攻撃にそれらをフルに利用した。その後の精密砲撃にも大いに貢献したと思われる。

この戦況を中国は、人員を派遣して入念に情報収集していたと言われている。この事からも、中国製情報端末の導入が如何に危険か分かる。 参照記事 参照記事 過去ブログ:2022年3月ロシア最高機密の移動式電子戦システムがウクライナに! 3月戦場で活躍する改造兵器 小型ドローンとイーロン・マス 3月無人機攻撃がより重要になった戦場』