ウクライナの反撃は、戦争の終わりの始まりではない。NATO

北の国から猫と二人で想う事 livedoor版:ウクライナの反撃は、戦争の終わりの始まりではない。NATO
https://nappi11.livedoor.blog/archives/5372336.html

『ウクライナの反撃が効果的だったにもかかわらず、NATOのストルテンベルグ長官NATO chief Jens Stoltenbergは、各国は長期戦に備えるべきと警告している。

長官によると、ウクライナのロシア軍に対する反撃は効果的だが、戦争の終わりを告げるものではない可能性が高いと、2022年9月16日金曜日にBBCラジオでこう語った。「ウクライナ軍が領土を取り戻し、ロシア軍の背後を攻撃することができたのは、もちろん非常に心強いことです。”同時に、これが終戦の始まりではなく、長期戦に備える必要があることを理解する必要がある。」

Ukraine-Saki-air-base-W 222

ウクライナは当初、ケルソンKherson周辺で南部反攻を開始した。SNSで共有されている動画や衛星画像には、ロシアの補給線、弾薬基地、さらにはクリミアのサキ空軍基地 Saki air base in Crimea.に対するウクライナの攻撃が映し出されている。すべては露軍の関心と兵員を南部へ引くための綿密な囮(おとり)作戦だった。

その直後の東部戦線での進撃はロシアを驚かせ、ハルキウKharkiv(ハリコフ)地方を獲得したウクライナは、ロシアが北からイジュムIzyum、さらに北東部の方面の前線に物資や武器を供給するために使用していた唯一の鉄道ハブを奪取し、これが、南部攻撃の陽動作戦と共に、北東部露軍敗退のきっかけとなった。

占領されていたウクライナの町では、ロシアが任命した役人が敗北を認めた。この反撃は、侵攻初期にロシア軍がキエフから撃退されて以来、最も重要な領土移動のひとつとなった。

FireShot Webpage Screenshot #1961 – ‘ウクライFireShot Webpage Screenshot #1966 – ‘Ukraine w

一方13日火曜日には、ロシアはクリヴィエリ(クリヴィー・リフ)・ダムKryvyi Rih dam.を含む「大規模な攻撃」を発表し、ダムに巡航ミサイルが撃ち込まれ、近くの川の水位が上昇したほか、住民の飲料水の供給が脅かされたという。市中心部などの住民約60万人が、洪水の恐れがあるとして、避難するよう指示されている。

ゼレンスキー氏は、「クリヴィー・リフを水浸しにする」ことを狙った「テロ国家」だと、ロシアを批判。英文記事 英文記事 参照記事 参照記事 過去ブログ:2022年9月プーチン大統領のリムジンに暗殺未遂と露の「汚い戦争」 9月ウクライナ電撃侵攻の状況と長期戦への不安 』