米国、「アフガン基金」設立

米国、「アフガン基金」設立 凍結資産5000億円を活用
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB151RC0V10C22A9000000/

『【ワシントン=時事】米政府は14日、アフガニスタン復興支援のため、基金を設立すると発表した。財源はアフガン中央銀行の在米凍結資産35億ドル(約5000億円)。国際金融機関への債務返済などに充て、開発援助の確保につなげる。アフガンの実権を握るイスラム主義組織タリバンには資金を渡さない。

基金は国際決済銀行(BIS、本部スイス・バーゼル)に口座を置く。タリバンの「不法活動」に利用されないよう、「強固な予防措置」が施されるという。

タリバンが昨年8月にアフガンの政権を奪取したことを受け、米国はアフガン中銀の在米資産を凍結。バイデン米大統領は今年2月、凍結資産のうち35億ドル相当を人道支援に充てる大統領令に署名した。

アフガンではタリバン暫定政権の下、経済が混乱。干ばつ被害も重なり、食料不足などが深刻化している。』