バラクリヤ市の近くで露軍「上級大将」のアンドレイ・シチェヴォイが捕虜になった…。

バラクリヤ市の近くで露軍「上級大将」のアンドレイ・シチェヴォイが捕虜になった
…。
https://st2019.site/?p=20263

『Sean Spoonts 記者による2022-9-11記事「SITREP: Ukraine Captured A Lt Colonel For Sure, Fight by Night and Pro-Russian Mil Bloggers」。

 ウクライナ軍の反撃前進により、バラクリヤ市の近くで露軍「上級大将」のアンドレイ・シチェヴォイが捕虜になったという動画付きの速報。

 しかしその映像では軍服に「中佐」の階級章がついている。そしてそのビデオの人物の人相は、露軍の西部軍区の司令官である、アレクサンデル・ズラヴリョフ上級大将その人ではないかと。

 捕虜になったときに着ていた制服は「ロスグヴァルディア」部隊の夏服である。この組織はプーチンの私設ボディガードで、陸軍やFSBがプーチンを排除/逮捕しようとしたら、それに抵抗するのが仕事だ。

 いぶかしいのは、なぜ中佐の軍服など着ていたのか? 歩哨線を難なく通過したいと思ったら、「ドンバスで下士官・兵として強制徴募された住民のオッサン」風を装った方が、成功率は高いだろうに……。

 シチェヴォイは、2022-6に更迭され、その後釜の司令官がズラヴリョフ中将だと言われている。とっくに司令官ではなくなっているにもかかわらず、彼は、もとの戦場で何をしていたのか?

 さらに不可思議なこと。ロシアの「上級大将」は、米陸軍の三ツ星中将と同格だ。彼が率いる司令部は、参謀長以下100名規模のスタッフがあるはず。そいつらはどこへ消えた?

 司令官が捕虜になったなら、同時にスタッフの一部も捕虜になっていておかしくない。ところが、ウクライナ側ではそもそも敵の方面軍司令部の所在を把握できないらしい。いったいどんな混乱なんだ?

 さらなる謎。シチェヴォイは禿頭ではない。もとの写真はフサフサなのである。しかるに、捕虜になったときは無帽でスキンヘッド。これはいったいどういうことなんだ?

 いずれにしても、「上級大将」の捕獲はWWIIいらい初。』