ウクライナ「1000平方キロの領土奪還」 東部でも攻勢

ウクライナ「1000平方キロの領土奪還」 東部でも攻勢
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR090H70Z00C22A9000000/

『【ウィーン=細川倫太郎】ウクライナのゼレンスキー大統領は8日のビデオ演説で、9月1日以降の反撃によってロシアから1千平方キロメートル以上の領土を奪還したと表明した。ウクライナ軍はこれまで主に南部で巻き返しを図ってきたが、ここにきて東部でも攻勢を強めている。

1千平方キロメートルは琵琶湖の約1・5倍に相当する。ゼレンスキー氏は「現在進行中の防衛作戦で、我々は何十もの集落を解放した」と指摘した。SNS(交流サイト)にはウクライナ兵がロシア国旗を踏みつけて、東部ハリコフ州バラクレヤを奪還したと主張する動画を投稿した。

8日にウクライナの首都キーウ(キエフ)を訪問したブリンケン米国務長官はウクライナ軍の反撃について、南部ヘルソン州に続き「東部ドンバス地方でも興味深い進展が見られる」と指摘した。同軍は米国から供与された高機動ロケット砲システム「ハイマース」を活用し、ロシア軍の補給路などを効果的に攻撃しているとみられる。

一方、ロシア軍も攻撃の手を緩めていない。ハリコフ州知事は9日、民家などが多連装ロケット発射システム(MLRS)による攻撃を受けていると述べた。

【関連記事】

・ウクライナの復興、50兆円以上必要に 世銀など推計
・米、970億円の追加支援 独でウクライナ防衛協議 』