日経平均大引け 大幅反発、634円高 短期筋の先物買いが膨らむ

日経平均反発、午前終値561円高 一時2万8000円上回る
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB00003_Y2A900C2000000/

日経平均大引け 大幅反発、634円高 短期筋の先物買いが膨らむ
https://www.nikkei.com/article/DGXZAS3LTSEC1_Y2A900C2000000/

 ※ ああ…。メジャーSQだったな…。

 ※ 最近は、それどころじゃない状況なんで、すっかり忘れていた…。

 ※ 「眼力」もへったくれも、無いような状況だ…。

 ※ ここだけ見ると、「地政学的リスク」も、あまり重要視されていない感じだが…。

 ※ まあ、いろんな思惑が錯綜するんだろう…。

『8日午前の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反発し、前引けは前日比561円95銭(2.05%)高の2万7992円25銭だった。前日の米国株式相場が上昇した流れを引き継ぎ、株価指数先物に断続的な買いが入った。日経平均は前日に1カ月半ぶりの安値を付けていたため、短期的な戻りを見込んだ買いも入りやすかった。

日経平均は取引時間中として、およそ1週間ぶりに節目の2万8000円を上回る場面があった。前日の米株式市場では米長期金利の低下や米原油先物の下落を好感し、主要3指数が軒並み上昇した。米国のインフレ懸念が和らぐとの思惑が日本でも株式相場の押し上げ要因となった。

株価指数先物・オプション9月物の特別清算指数(SQ)の算出を9日に控える。市場では「前回6月のメジャーSQ前にも株式相場が上昇している経緯もあり、先物に思惑的な買いが入りやすいようだ」(東海東京調査センターの鈴木誠一チーフエクイティマーケットアナリスト)との声が聞かれた。

東証株価指数(TOPIX)も上昇した。

前引け時点の東証プライムの売買代金は概算で1兆3937億円、売買高は5億6374万株だった。東証プライムの値上がり銘柄数は1728、値下がりは83、変わらずは26銘柄だった。

ファストリ、東エレク、ダイキンが上げた。一方、三井不、出光興産、東邦鉛が下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕』

『日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反発し、大引けは前日比634円98銭(2.31%)高の2万8065円28銭だった。前日の米国株式相場が上昇した流れを引き継ぎ、海外のヘッジファンドなど短期筋による株価指数先物への買いが膨らんだ。東証プライムの9割超の銘柄が上昇した。節目の2万8000円を上回った後も散発的な先物買いは続き、終日堅調に推移した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕』