ハリス米副大統領、安倍晋三氏の国葬出席へ 韓国も訪問

ハリス米副大統領、安倍晋三氏の国葬出席へ 韓国も訪問
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN0808D0Y2A900C2000000/

 ※ このレベルの人になると、「接遇」とやらが必要になるんだろう…。

 ※ 接遇のレベルにも段階があり、それに従って経費も、違って来るわけだ…。

 ※ ある程度は、招待状を出し、返信も受け取っているんだろうが、未確定な人も、多いんだろう…。

 ※ 他国がどの程度のレベルの人を出すのか、「窺っている」向きもあるだろう…。

 ※ 野党が言うように、「明確な総額を、示せ!」というのは、土台ムリな話しだ…。

『【ワシントン=中村亮】米ホワイトハウスは7日の声明で、ハリス副大統領が25~29日に日本と韓国を訪れると発表した。日本では安倍晋三元首相の国葬に出席する。声明では「安倍氏の遺産に敬意を表し、日米同盟のために奮闘したり、自由で開かれたインド太平洋を推進したりした指導力の重要性を強調する」と指摘した。

ハリス氏は27日の国葬に出席する米政府代表団を率いる。同氏は7月の米CBSテレビのインタビューで安倍氏の死去について「多くの米国の政権を通じて米国のすばらしい友人であった事実に始まって多くの理由でショックを受けている」と語っていた。代表団の参加者は別途公表する。

ホワイトハウスは声明で日韓訪問を通じて「米国の同盟の強さや自由で開かれたインド太平洋に対する我々の永続的な関与、地域や世界における共通の経済と安全保障の利益を強調する」と説明した。

インド太平洋地域をめぐって、ハリス氏は2021年8月にシンガポールとベトナムを訪れた。バイデン大統領も22年5月に日本と韓国で首脳会談を開いていた。

ニューズレター https://regist.nikkei.com/ds/setup/briefing.do?n_cid=DSREA_newslettertop 』