英空母『プリンスオブウェルズ』は8-27にポーツマス出港、カリブ海で米軍と合同訓練して4ヵ月後に戻るはずだった。

英空母『プリンスオブウェルズ』は8-27にポーツマス出港、カリブ海で米軍と合同訓練して4ヵ月後に戻るはずだった。
https://st2019.site/?p=20235

『The Maritime Executive の2022-9-5記事「HMS Prince of Wales has “Significant Damage” Likely Requiring Dry Dock」。

 英空母『プリンスオブウェルズ』は8-27にポーツマス出港、カリブ海で米軍と合同訓練して4ヵ月後に戻るはずだった。だが出港直後から右舷のプロペラが回っていないように見えた。

 どうやら乾ドック入りして修理する必要のある大トラブルが起きてしまったようだ。
 右側の舵、スクリュー、シャフトすべてが損傷したらしい。

 英海軍は故障原因について一切、語らず。同艦は2019-12の就役いらい、故障が立て続いている。』