サッチャー氏と比較、意に介さず エリザベス・トラス次期英首相

サッチャー氏と比較、意に介さず エリザベス・トラス次期英首相
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022090500983&g=int

 ※ 「機を見るに敏な」「生粋のマキャベリスト」なのか…、という感じだ。

 ※ 今回も、裏では相当ジョンソン氏をディスってたようだが、表では「最後まで、擁護する姿勢」を見せて、ジョンソン氏の支持層を取り込んで勝利したようだしな…。

 ※ いずれ、「一筋縄ではいかない」「手ごわい」人物なんだろう…。

『「鉄の女」と呼ばれた故サッチャー元英首相を信奉している。服装やハンドバッグまで「まねしている」とメディアで報じられたが、本人は「私は私」と意に介さない。動じない姿が、またサッチャー氏と比較される。

英与党党首選、トラス氏勝利 3人目の女性首相誕生へ―ジョンソン氏後継、6日就任

 1975年、南部オックスフォード生まれ。両親は共に労働党左派。少女時代、両親に連れられて行った反核デモでは、参加者らが「マギー(当時首相のサッチャー氏)は出て行け」と叫んでいたこともあった。中部リーズの公立校を経てオックスフォード大に進学し、多数の政治家が学んできた哲学・政治学・経済学(PPE)を専攻した。

 石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルなどで勤務後、2010年に下院議員に当選。早くから才覚を見込まれ、環境相や司法相、国際貿易相などを歴任し、21年9月から外相を務めた。

 16年の欧州連合(EU)離脱をめぐる英国民投票では残留派だったが、その後に態度を一転し離脱支持に回った。20代初めに党大会で出会ったという会計士の夫との間に娘が2人。47歳。 』