ポーランド、ドイツに183兆円賠償請求へ 大戦中の損害

ポーランド、ドイツに183兆円賠償請求へ 大戦中の損害
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB021580S2A900C2000000/

『【ベルリン=共同】ポーランド政府は1日、第2次大戦中のナチス・ドイツの侵攻と占領による損害は約6兆2200億ズロチ(約183兆円)に上るとの試算を発表した。ドイツ政府に賠償交渉を求める。

83年前の1939年9月1日にナチス・ドイツがポーランドに侵攻し、第2次大戦が始まった。45年の終戦までにポーランドでは約600万人が犠牲になったとされる。

欧州メディアによると、ポーランドは2015年に愛国主義的な保守与党「法と正義(PiS)」が政権を取って以降、ドイツに対する賠償請求論を主張。ドイツ政府はポーランドが1953年に賠償請求を放棄したため請求権は消滅したとの立場で、賠償問題は解決済みだとの姿勢を崩していない。

ポーランド政府はワルシャワでの会合で、39年から45年にかけての戦争被害に関する報告書を公表した。PiSのカチンスキ党首は「ドイツは甚大な損害をもたらした」と訴え、賠償金を受け取るまで「長く困難なプロセス」になるだろうと述べた。

【関連記事】

・アウシュビッツで過去謝罪 メルケル独首相、初訪問(2019年掲載)
・なぜドイツは謝るのか 苦悩と葛藤の戦後70年(2015年掲載)』