米9歳児の学力、コロナ禍で急低下 人種間の格差も拡大

米9歳児の学力、コロナ禍で急低下 人種間の格差も拡大
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN01D8K0R00C22A9000000/

 ※ 経済環境の悪化は、「格差」を拡大させる…。

 ※ 貧富の差とは、日常生活におけるものだけの話しじゃ無い…。

 ※ 「環境の激変」に対応できる「耐性」の差でも、ある…。

 ※ むしろ、そっちの方が大きいだろう…。

 ※ 「富者」とは、そういう「激変」を、何世代にも渡って「凌いで来た」、証しでもあるわけだ…。

『【ニューヨーク=佐藤璃子】米国で子どもの学力低下が大きな社会問題になっている。全米教育統計センター (NCES)が1日発表した調査結果によると、9歳児の数学と読解力の平均点が2年前から急低下し、いずれも約20年ぶりの低水準になった。新型コロナウイルス禍で学習環境が急変した影響が大きい。成績下位の層や黒人など有色人種の落ち込みも目立ち、教育格差の拡大も浮き彫りになった。

NCESは数年おきの頻度で全米学力調査(NAEP)を実施し、子どもの学力の長期的な傾向を追っている。1日公表の報告書では、9歳児を対象にした22年1~3月の測定結果を示し、20年調査と比較した。コロナ禍が深刻になった過去2年間で学校再開が遅れたり、オンライン授業になったりした影響を映す初の調査になった。

数学の平均点は234と7点低下した。読解力の平均点も215と5点下がり、過去30年で最も大きなマイナス幅を記録した。

どちらの科目でも、成績が下位に分布する層の学力低下が目立った。低所得層の家庭が多く、コロナ禍で親の経済環境が悪化したことが響いたとみられる。成績上位の層はパソコンやタブレットなどの利用に恵まれ、教師が学習を手助けする割合が高かった。

人種間の格差も大きく、数学の成績で黒人は13点、ヒスパニックは8点の低下と、全体平均を上回る落ち込みとなった。白人の子どもが5点のマイナスにとどまったのに比べ、有色人種が学習現場で出遅れる傾向は強まっている。

NCESの担当者、ペギー・カー氏は「コロナ禍で教育上の課題に関するデータを集めてきたが、いずれも悲惨な状況を示している」と述べた。子どもの学力低下は進学や就職などに響きかねず、世代間の格差拡大や不平等につながる可能性もある。

【関連記事】

・米国、教員も深刻な人手不足に 週4日制や資格緩和も
・子供の学力や体力、コロナで低下 どう取り戻す?
・学力調査、世界に後れ 全国学テでコロナ影響つかめず 』