ロシアがイラン製無人機入手

ロシアがイラン製無人機入手 米国務省「多数の不具合」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN30E630Q2A830C2000000/

『【ワシントン=芦塚智子】米国務省のパテル副報道官は30日の記者会見で、ロシアがウクライナでの戦闘に使用するためイランから無人機の提供を受けたとの米政府の見解を明らかにした。ロシアによる数百機の輸入計画の一環である可能性が高いと説明。ロシアが入手した無人機に多数の不具合が出ていることを示す情報があるとも指摘した。

パテル氏によると、ロシアの輸送機が今月、数日にわたってイランの飛行場で無人機を積み込み、ロシアに移送した。ロシアの操縦士はイランで無人機の運用訓練を継続しているという。

パテル氏は「ロシアは制裁や輸出規制などの影響によりウクライナで深刻な軍事物資不足に直面しており、イランのような信頼性の低い国に供給を頼らざるを得なくなっている」と指摘。引き続き制裁の執行を強化していくと述べた。

またパテル氏は、ロシアがウクライナの占領地域で近く偽の住民投票の実施を画策しているとの見方を示した。住民がロシアへの併合を望んでいると嘘の主張をするため、ロシアが結果を操作することが予想されると説明。世論調査は、自由な住民投票が実施されればウクライナの住民はロシアへの併合を選ばないことを示していると語った。

https://regist.nikkei.com/ds/setup/briefing.do?n_cid=DSREA_newslettertop 』